スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産状況(2014年12月30日現在)

こんにちは、昨年末の取りまとめをしていたのがつい最近のよ
うです。

 少年老い易く学成り難し。
 もはや、青年からも徐々に離れて行ってしまっています。
 時間とは、何だろうか。大学の頃に読んでいたこんな本を本
 棚から引っ張り出し、読み始めました。
 味わいが当時と少し違います。本の10年前なんですが。

「時間」を哲学する (講談社現代新書)

新品価格
¥777から
(2013/12/30 16:42時点)



などと記載をして早1年です。
本書は時間がかかりましたが、出張の合間などに読み終えまし
た。
今年はあまり多くの本を読むこともできずに終わってしまいま
した。

慌てて年末時点での集計を行いました。
今日時点での資産状況は約1880万円。
これに本日はログインができなくなっていた田中貴金属分があ
るため、実質的には1900万円強となります。
20141230 資産内訳
20141230 通貨内訳
昨年時点で1590万円でしたので、大きく増加しました。
今年は、運用がうまくいったというよりもアベノミクスによる
円安の影響を大きく受けました。
円安になる前にある程度仕込ができていたといえば聞こえは良
いですが、資産を取り崩すときに円安になればよいので資産形
成期間における現時点では円高の方が好ましいと思っています。

本年はあまり大きな動きをしていません。
主な動きは以下の通りです。

1.ベネズエラ国営石油公社債の売却(損切)
   +JPモルガンドル建て優先出資証券の購入
  この投資は失敗でした。
  昨年のチャベス大統領死去に伴う大統領選挙時に絡み、ベ
  ネズエラの民主化が進むと判断し、ベネズエラ国営石油公
  社債を購入しました。
  米ドル建てで高利回りが狙えたことから約80万円程度購
  入していました。
  しかしながら、昨今の原油安の影響が産油国のベネズエラ
  の信用不安に至りました。
  筆者はブルームバーグでベネズエラに関するレポートが掲
  載された9月上旬に売却し撤退しました。
  その後の状況を見ると、損切のタイミングとしては悪くな
  かったのかもしれません。
  この売却代金は、とりあえずドル建て資産として以下の優
  先出資証券を購入することにしました。

   発行者: JPモルガン(BBB)米ドル建て優先出資証券
   ファーストコール: 2024/4/30(残存9.65年)
   配当: 6.125%
   単価: 111.00USD
   最終利回り: 4.91%

  この購入はMMFよりマシだろうということで仮置き状態
  です。


2.BARCLAYS・BK PLC 4.875% 優先出資証券の売却(償還)
  +イタリア国債購入

  前項とは異なり、こちらは順当な乗換です。
  ファーストコールで以下の優先出資証券の償還が決まりま
  した。

   BARCLAYS・BK PLC 4.875% 優先出資証券
   発行者: バークレイズバンク(S&P BBB)
   ファーストコール: 2014/12/15(残存 1.49年)
   利払い: 4.875%(年一回 12月)
   単価: 78.50ユーロ(日々変動)
   最終利回り:24.59%(ファーストコールで償還として計算)
   為替:128.15円
   額面10,000ユーロ以上、10,000ユーロ単位

  このバークレイズ優先出資証券への投資は非常にうまくい
  きました。
  売却単価は104ユーロになりました。

  そこで、急遽100万円以上のユーロ資産をどこに振り向
  けるか考えることになりました。
  ちょうど、ECBは低インフレに歯止めをかけるために、量的
  緩和強化第三弾として国債購入に言及がなされていたこと
  から、購入対象となりうる国債の中においては比較的安値
  で取引されているイタリア国債を購入することにしました。

   N3669 イタリア分離型国債(ゼロクーポン債BBB)
   償還:2039/8/30(残存24.80年)
   単価:41.15EUR
   購入額面:30,000

  満期まで持つかどうかはわかりませんが、当面は量的緩和策
  による値上がり期待として保有することにしています。


3.マネックス証券での米国株式購入
  高配当期待で少しずつ購入をしたシードリル株やグラクソス
  ミスクラインなどへの投資は大きな金額は入れていませんが、
  いずれも奏功しませんでした。
  こちらは昨年度の譲渡所得税課税対策により売却して生じた
  300万円のうち、約70万円程度を充てましたが完全に失
  敗し、含み損で6割程度に落ち込んでいます。
  対策は現在検討中です。
  

4.プラチナの購入
  田中貴金属におけるプラチナの積立購入は2012年の夏頃
  から行っていますが、本年夏以降に少しずつスポット購入を
  行うようになりました。
  金額はまだそれほど大きくなく、集計表にも反映されていま
  せん。
  全部で約30万円程度です。
  こちらは、円安で相殺されるものの、NY市況でみるとある
  程度鉱山ストの頃と比較して割安になりつつあったためです。
  トヨタ自動車のミライなどの燃料電池車においても現在はま
  だ触媒用に相当程度のプラチナが必要とされているため、安
  定した工業需要が見込めると判断しました。
  本年8月7日付の日経新聞によると、燃料電池車一台当たり
  30~50グラム(14~25万円分)用いられることにな
  るということでした。
  こちらはいつもより早く帰宅できたときなどに適当に数万円
  ずつスポット購入をかけています。


5.生命保険料の支払
  メットライフアリコのユーロ建て終身保険767ユーロと、
  AIGエジソン生命(現ジブラルタ生命)の個人年金豪ド
  ル建てで12万円分の支払いを行いました。
  ジブラルタ生命の個人年金については、12月に契約して年
  払いにしてしまった自分にも落ち度があるのですが、控除証
  明書の発行が再年調に間に合わないため、繰り上げ支払いを
  行いました。
  こちらは電話で依頼をするのですが、なかなかつながらず、
  非常に苦戦しました。応対は丁寧だったのですが、これを毎
  年やるのもまた面倒だと思っているところです。


本年は、とにかく後半の原油安に足をすくわれる形になりました。
原油業界の再編など、様々な動きにつながっていますので、今後
の原油価格の動向及び当該影響について検討をしておきたいと思
います。
当面は個人消費が多い米国景気の下支え要因になるだろうと思っ
ています。
今年は失敗しましたが、米国株への投資も引き続き検討をしてい
きます。

今年も気づくとあっという間に終わっていました。
最後に冒頭の書籍から引用で終わります。

 未来はまったく現在から隠されているからこそ、何を考えるこ
 とも許される。

来年はどうなっているのか全く分かりませんが、ご覧いただいて
いる皆様にとっても良い年でありますように。

                                    FFS
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

資産状況(2013年12月30日現在)

こんにちは、昨年末の取りまとめをしていたのがつい最近のよ
うです。
少年老い易く学成り難し。
もはや、青年からも徐々に離れて行ってしまっています。
社会人としても完全に中堅に足を突っ込んでいます。

時間とは、何だろうか。大学の頃に読んでいたこんな本を本棚
から引っ張り出し、読み始めました。
味わいが当時と少し違います。ほんの10年前なんですが。

「時間」を哲学する (講談社現代新書)

新品価格
¥777から
(2013/12/30 16:42時点)



とりあえず、こんな資産運用には関係のない本はここではどう
でも良いですね。
今日時点での資産状況を取りまとめました。
約1590万円。
20131230 資産概要
20131230 通貨内訳


賞与が入った分と、生命保険料の支払い約30万円を考えると、
11月の取りまとめから若干のマイナスというところです。
今回の集計には間に合いませんでしたが、後述するブラジルレ
アル債が25万程度あるので、トントンくらいでしょう。

1.売却対応について
  運用に関しては、この冬はちょっと動かしました。
  ずっと対応を悩んでいた株式譲渡益課税の減税措置終了の
  対応です。
  結果としては、以下の3種類を売却しました。
 ①瑞光(800円→6700円/100株)
 ②さわかみファンド(約37万円分)
 ③持ち株会(約120万円分)

  悩んでいたユナイテッドワールド証券に閉じ込められたタ
  イ株、ニュース証券のロシア株などについては、そのまま
  維持としました。
  
  タイは相変わらずデモのおかげでだいぶ下げてしまったの
  で売り時を逸してしまったかもしれませんが、長期的には
  有望だと踏んでいます。

  結果、手元キャッシュが珍しく膨らみ、300万円以上に
  なっています。

  これだけのキャッシュが集まることはもうそうないと思い
  ますので、少々真剣に運用を見直ししようと思います。


2.購入対応について
  賞与や売却の関係で一部手元キャッシュが増えたことから
  割安と判断した以下の2つの購入を行いました。
 ①日東工業株(1650円×100株)
 ②ブラジルレアル債(約25万円)

  日東工業は、配電盤関係の調子がよさそうだというニュー
  スと財務状況やキャッシュフローなどを斜め読みして適当
  に成り行き買いしました。
  日本株が200万円以上売却したことになるので、そこか
  ら徐々に上がっていくのをみていく精神安定剤的な意味合
  いがあります。
  実際せいぜい16万円程度ですが、購入してからのんびり
  眺められるようになりました。

  ブラジルレアル債はいつものキャピタルパートナーズ証券
  です。単価がかなり下がっていると連絡があり、購入単元
  も小さかったことから買い下がりました。

  欧州復興開発銀行2020年8月24日満期円貨決済型ブ
  ラジルレアル建てディスカウント債券です。
  販売単価54BRLにて20,000レアル購入しました。
  年利で10%超えてくるので、寝かせておこうと思います。
  

3.300万円の運用について
  こちらは優待株をバラバラ買うにしては勿体ないので、中
  長期的な資産形成に寄与してもらえるようなものを購入し
  たいと思います。

  具体的には、今後ある程度すすむと考えられる円安インフ
  レ対策として外国株を想定しています。
  着実な株価と配当利回りを稼げるようなP&Gのような株
  の拡充です。
  ただ、財務諸表を見るのも一苦労ですし、ここはちょいと
  時間をかけて調べてみます。
  また、そのうちの一部は優待で楽しめるようなものを購入
  してみようと思います。


4.生命保険料の支払
  メットライフアリコのユーロ建て終身保険767ユーロと、
  AIGエジソン生命(現ジブラルタ生命)の個人年金豪ド
  ル建てで12万円分の支払いを行いました。


5.クレジットカードの解約
  UCヤングゴールドカート、シティリワードカードの解約
  を行いました。
  親のMUFG CARDカード プラチナ アメックスの家族カード
  で傘下に入ることにしたためです。
  親のカードの傘下に入るのはあまり格好良くないですが、
  もともとUCもCITIも決済用には使わずにカードの特
  典だけ欲しいのでもうこれで十分だということにしました。
 
  クレジットカードの解約の仕方はよくわからなくて、HP
  にも連絡先が書いていないので困ったのですが、カード裏
  の電話番号に電話するだけで解約できました。
  しかも何の書類もなく、本人確認として生年月日や電話番
  号、などを確認するだけです。
  あまりのあっけなさに拍子抜けしました。


今年も、振り返ればあっという間ですが、いろいろありました。
てんかんになったり、仕事もバタバタした上に婚活をはじめる
など、チャレンジングな事象もありました。
少し疲れたので、来年はいい年になるといいです。

おかげ様で微妙にアクセスをし続けてもらっております。
ご覧いただいている皆様にとっても良い年でありますように。


                          FFS

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

資産状況(2013年11月2日現在)

こんにちは、あっという間に夏が終わり上期終了時点での資産
状況の取りまとめを行いました。

8月以降、米国議会の混乱はありましたが、基本的には円安ド
ル高株高債券安の流れに乗り、資産状況としては約1570万
円まで膨らみました。
20131102 資産概要
こちら特段の運用を行ったものでもありません。
ほとんど、大した運用は行っていません。

行ったものとしては以下の通りです。
1.パルコ株購入(約9万円)
2.SHO-BI株購入(約4万円)
3.メコンの恵み償還(約4万)


どちらも優待に絡んで購入しただけです。
パルコは年間で4枚も映画の招待券をくれますし、ヒューマン
トラストシネマなどの映画館で使えます。
テアトル株よりいいな、と思いパルコに乗り換えました。

SHO-BIは何かグッズをくれるらしいということだけで、
権利落ちで株価が下がったところを適当に買いました。
来年度の優待をもらう頃には忘れている気がします。

そして通知が来ていましたが、岩井証券で購入をしていたメコ
ンの恵みの償還通知が届きました。
小さなファンドの志を買い、夢を託すということで購入をしま
したが、完全に当てが外れました。
多少損が出てる分はいいんです。
ラオスやカンボジアにも投資をするなら10年スパンで物事を
見て運用をしてほしかったです。

残念ですが、もうプラザアセットの投信にも、岩井証券にもお
世話になることはないでしょう。
口座が多いと面倒なため、岩井コスモ証券は閉鎖します。

同じく、長期スパンで見ており、かつ独自の投信設定というこ
とでかれこれ5年近く持っているUW・マカオ・ファンド1号も
償還となったようです。
これは投資を始めてすぐのころに長期で面白そうだと思い、購
入したものだったので、こちらも残念です。
マカオでの不動産の取得なども結果的に損失を出すなどの失敗
した報告は見ていましたが失敗してもいいから頑張って運用を
続けてほしかったです。
ユナイテッドワールド証券ももうお世話になることはないと思
いましたが、以前のネットでタイ株が購入できた時の残骸で、
エアポートオブタイランドと、サイアムセメントが結構な含み
益で閉じ込められているため、こちらは口座継続です。
税制が変わる前に売ると買い戻すのも手間なのですが、20%
課税になった場合の支払いはちょっともったいないと感じるく
らいの金額だったので悩みます。
もう売らなかったらいいかな。

そして、今回口座確認で驚いたのはBank of Hawaiiでした。
今までは簡単にIDと画像を選んでパスを入力するだけだった
のに、謎のモバイルフォンでの確認フェーズが追加されていま
した。
英語もわからないのですが、またメールで聞くのも格好悪いと
思い、いじっているとだんだんわかってきました。
ワンタイムパスワードが表示をされ、その直後に登録してある
携帯電話に電話がかかってくるので、そのワンタイムパスを自
動発信電話にプッシュホンで入力するということでした。
電話も英語の音声だし、困ったなあと思っていましたが、やっ
てみると簡単で助かりました。

とりあえずこれから年末にかけて、まずは大きく含み益の出て
いる銘柄から順次一旦売り払う予定です。
目下売り時を探しているのが800円台で購入している瑞光で
す。
一時期8000円越えをしてカリーナコンツェルンに続くテン
バガー銘柄となっていたのですが、今は少し値を下げて620
0円台です。

問題は今後の外貨建てMMFやゼロクーポン債などへの税制変
更です。
投信の運用もそうですが、税制に関しても、あまり気軽に変更
しないでほしいです。
当然、税制変更や運用停止やサービス停止はリスクの一つとし
て認識はしていますが、長期投資を通じた国民資産の充実を目
的とするのであれば、目的に資することはないことを考えても
らいたいです。
証券会社は利潤追求を行うので割に合わなければやめてもまだ
仕方ないのかなぁ。

                          FFS

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

資産状況(2013年08月12日現在)

こんにちは、資産状況の取りまとめがつい億劫になり、3月の
取りまとめからはや5ヶ月となってしまいました。

この間にアベノミクス相場の一山を終えてしまっていたので、
景気いい時に取りまとめしておきたかったなあと少し後悔して
います。

8月12日現在の資産は約1430万円。
20130812 資産状況
3月時点で1470万円で、その後夏の賞与なども入っていま
すので、マイナス100万円くらいというところでしょうか。
筆者の場合は7割が外貨建てになっていますので、どうしても
為替水準に大きく左右されるということになります。
特にブラジルレアル等の新興国通貨の下げがきついこともあり
ますので、このあたりが筆者のパフォーマンスを下げた要因と
なります。
また、中国の減速懸念から香港株の下げがきついです。こちら
はそれほど比重は大きくないものの、一度利確しておけばよか
ったなあと少々後悔しています。
一方で米国株等が堅調というところでこれも予想通りです。
中国についてはあまり好きではありませんが、明るいニュース
がほとんど出ていない今が買い時なのかなとも思います。
中国関連銘柄と目されがちなコマツあたりを買っておくのも手
かと想い眺めています。

そんな筆者はこの5か月の間に主に以下の動きを行いました。
1.バークレイズ銀行発行のユーロ建て優先出資証券購入(約100万円)
2.CAMインドシナ5カ国ファンド購入(約15万円)
3.ドイツ銀行優先出資証券購入(約20万円)
4.キングジム購入(約8万円)


1.バークレイズ銀行発行のユーロ建て優先出資証券購入
  夏の賞与と、日本株を売却して遊んでいたMRFを利用し
  てキャピタルパートナーズ証券にて購入しました。

   BARCLAYS・BK PLC 4.875% 優先出資証券
   発行者: バークレイズバンク(S&P BBB)
   ファーストコール: 2014/12/15(残存 1.49年)
   利払い: 4.875%(年一回 12月)
   単価: 78.50ユーロ(日々変動)
   最終利回り:24.59%(ファーストコールで償還として計算)
   為替:128.15円
   額面10,000ユーロ以上、10,000ユーロ単位

  こちらは現在単価が大きく上昇し、既に20万円以上の含
  み益が生じており、筆者にしては珍しくタイミングを上手
  く掴んだ案件となります。
  古いタイプの優先出資証券ですし、ある程度安心して保有
  できます。
  因みに筆者はこの案件の話を聞いたときに、いい話であり、
  かつユーロ建ての資産を全部売却していたこともありすぐ
  に乗りましたが、同じくユーロ建て資産のなかった父親に
  も勧め、購入させました。
  これで筆者のポートフォリオの8%がユーロ建てとなりま
  したが、8~12%くらいがいいかと思っています。


2.CAMインドシナ5カ国ファンド購入(約15万円)
  スーパーファンドの売却資金を使ってキャピタルパートナ
  ーズ証券にて購入しました。これは適当です。
  「売り時も教えてね!」と言いながら購入するという我な
  がらいい加減な運用だなあと思います。
  こちらは現在10%程度のマイナスですが、とりあえずほ
  っときます。


3.Deutsche Bank Capital Funding Trust5.628% 優先出資
  証券購入(約20万円)
  こちらもキャピタルパートナーズ証券にて購入しています。
  普段は最低投資金額の大きい古いタイプの優先出資証券で
  すが、この案件は10万円程度からできるということでし
  たので、条件も悪くなく、とりあえず話に乗りました。
  6%程度のプラスです。こちらもほっときます。

  
4.キングジム購入(約8万円)
  優待欲しさに高値掴みしちゃいました。
  ポメラも好きですし、応援したい会社なのでとりあえず当
  面は優待を楽しみに保有し続けようと思います。


あとは、SunLifeの支払いもありましたので、それで4000
ドルを支払っています。

とりあえずバークレイズの優先出資証券購入で手元の大きなお
金を使ってしまったので、しばらく大きく動かす予定はありま
せん。
8月権利獲得で優待狙いでパルコでも買おうかな。
無料で見る映画なら外してもご愛嬌って感じです。

あと、全然理由がわからないのですが今までずっと大きな含み
益を出していたSQM(Sociedad Quimica y Minera)が半値
近くに下がっています。
理由がわかりませんがとりあえずこちらも放置です。

我ながらちょっと杜撰です。

                          FFS

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

資産状況(2013年03月12日現在)

こんばんは、年末に資産状況をまとめてから、早くも2ヶ月以
上経過してしまいました。
年明け以降もアベノミクス効果により円安株高が進み、ある程
度資産が膨らんでいることは踏んでいました。

集計の結果は約1470万円。
なんと、年末から更に200万円以上膨らんでいます。
自分で集計を作成している途中から、今までと円建ての数字が
違うことに気づいていましたが、積みあがってみると驚いてい
ます。
20130313 資産概要
20130313 通貨内訳
また、前回のブログではMANのマイルストーンを売却するこ
とを記載しましたが、ほかにいくつか動かしました。

1.ベネズエラ石油公社債の購入
2.さわかみファンドの売却
3.日本株約50万円程度売却
4.持ち株会の口座移管

1.ベネズエラ石油公社債の購入
  MANを売却した後のお金を使い、キャピタルパートナー
  ズ証券で購入しました。

   ベネズエラ国営石油公社5.25%利付き債
   単価: 92.75ドル
   最終利回り: 7.54%

  購入後に、チャベス大統領が亡くなるなどの動きがあるも
  のの、ドル建てでの利回り妙味と残存期間4年程度の手軽
  さから1万ドル弱で購入しました。
  ドル高局面がまだ続くと考え、ドル資産を持っておくこと
  とします。


2.さわかみファンドの売却
  2008年6月から月1万円ずつ購入し続けているさわか
  みファンドを57万円積み立てていました。
  評価額では66万円を超え、自分でも満足のいく金額まで
  上昇したことと、なんとなく社長も息子に交代して一服感
  があったので、積立は継続していますが信託留保手数料の
  かからない50万円の引き出しを行いました。
  どうやら筆者と同様の動きをする方が多いらしく、昨日の
  日経新聞夕刊で初の流出超の記事がありました。
  売った後の金額はどうするか、まだ考えてません。


3.日本株各種売却
  SBI証券でバラバラ購入していた日本株を複数売却しま
  した。
  優待狙いで購入していたサムティ(@79,000円×2
  株)、株を初めてすぐの2008年にこれも優待欲しさに
  購入したマーベラスエンタテイメント(@40,000円
  ×1株)、ほかにもユニチカやTOBのかかったエース交
  易、経営再建中の中山製鋼所など、十分に値上がりして満
  足したものと、損切りするなら今のうちと売却したものと
  ありますが、今保有しているのは、値が上がり続ける瑞光
  のほかは、各優待狙いの株ばかりになってきました。


4.持ち株会口座移管
  いつでも売却して逃げられるように、自分の口座への移管
  手続を行いました。口座の準備始めたので、結局半年近く
  かかりましたが、出口を確保して一安心です。
  とりあえず積立補助金もありますし、含み益もありますの
  で、しばらくは様子を見ていこうと思います。


大体こんな動きをして利益確定を進めた結果、筆者としては初
めてキャッシュで200万円以上ある状態です。
動かす先のことを考えていませんが、先高観があろうがなんだ
ろうが、満足したら売る、というのはこの長い低迷相場のクセ
かもしれません。

どれも自分ではある程度満足のいく売却でしたので、これから
は少しずつ利益を確定しながら相場についていこうと思います。


                          FFS

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。