スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェルの無料性格診断をやってみた

 こんにちは、先日結婚相談所への登録をした旨を記載しましたが、その以
前に検討をしたサービスの一つとして恋愛・結婚情報サービスのエンジェルに
ついて記載してみます。

正直、名前を聞いたことのない会社・サービスでしたし、無料診断の段階で
すら、あまり期待をしていなかったのですが、意外と面白味を感じたのでご紹
介します。

婚活情報サービスは、大きく二つにタイプが分かれると思います。
一つは筆者が加入したような相談員がつくタイプ、もう一つがネットなどで行
うタイプです。

これは仰々しく婚活のブログで記載する以前に、昨今の各サービスの潮流
だと思います。
証券会社であれば、様々な情報提供(勧誘?)をしてくれるような大手証
券会社と割安な手数料で自分で売買判断を行う必要のあるネット証券の
違いでしょうし、銀行ならメガバンクや地銀と、ネット銀行のような違いでしょう。

エンジェルが行っているのは性格診断を行った上でのネットでの活動が主とな
る婚活です。
無料テストで相性ぴったりのパートナーも紹介


とりあえず無料性格診断をやってくれるというので、筆者もやってみました。
たった10問ちょっとをクリックするだけなので、とても簡単です。
しかも結果もよくある郵送などではなく、すぐに画面で表示されるのもいいとこ
ろです。

筆者も表示された結果は、10問ちょっとの回答をしただけですので、迷って
選んだ選択肢の部分などは、あぁこういう風に評価されるのか~、と感じる
レビューもありましたが、概ね違和感のないものでした。
さすが、特許取得などをうたっている性格分析だなぁと感心しました。

このエンジェルの予想外に良かった利点は毎週末この分析テストの性格・価
値観の合う方を一名紹介してくれるのです。
なお、この紹介は簡単に配信停止できます。
簡単な紹介文とどんな案件に興味があるかを示してくれます。
価値観の合う方なので、親しみを感じるような文面が多いんですが、毎週の
紹介を見ている間にだんだん、紹介者の中でも「いいな」、と思う方と「う~ん」
と思う方がいることが自分でもわかってきました。
ぼんやりしていた自分の価値観を確かめていくという意味合いでも、思わぬ効
用がありました。
もし、ご興味があれば以下のリンクからどうぞ。




例えば筆者が暇な時にやる美術館巡りなどへの興味が5段階評価で1や2
になっていたり、一方でアレルギーの関係もあり興味もないペット・動物の欄が
5になっている方は合わないだろうなあと感じました。
一方でその逆のような方で、紹介文でも好感の持てる方は、お話ししてみた
いなあと思うこともあります。

結局、筆者は地場の相談所を選んだわけですが、このエンジェルの良さを認識
し、同様にネット婚活になるツインキュでも少しお試ししてみました。
こちらはまた機会があれば書いてみたいと思います。




FFS
スポンサーサイト

テーマ : 婚活情報
ジャンル : 結婚・家庭生活

結婚相談所に登録してみた


 こんにちは、いくつか婚活の資料請求などを見比べた結果、入会をしてみたの
で、そのことを記載してみようと思います。

オーネット
パートナーエージェント
など、色々な資料請求をして話を聞きに行ってきて、このブログでも記事を書い
てきました。

結局、筆者は地場の結婚相談所に登録を行いました。
理由としては以下の通りです。

1.相談員の方が親身に話を聞いてくれること
  インターネット上での活動も検討していましたが、筆者のようにぼんやりした
  イメージしか交際や結婚を描いていない人間には、相談員との対話の必
  要性があると考えたためです。
  相談員の方も筆者の居住地について熟知しているので、話が早いのです。

2.居住地近隣の登録者が多そうであったこと
  筆者は今の会社のままの場合、何となく今後住む地域の当たりがつくように
  なってきました。
  別に全国どこの方でもいいんですが、近くの方でいい方がいればそれは一番
  簡単だと思いました。
  
3.IBJの加盟であったこと
  オーネットでの説明でも出てきたIBJのネットワークにもセットで登録できると
  いうところから、全国の方も視野に入る点も魅力でした。
  同じネットワークサービスであれば、価格が安いほうが魅力です。

4.かなりの割引サービスを提案してもらえたこと。
  筆者の居住地では比較的大きな会社に勤めていること、ある程度の金融
  資産があることなどが評価され、かなり大きく値引きを提案してもらえました。

これらの理由から結婚相談所の登録を行いました。
結局どういう人と出会えるのか、それは登録をしてみないとわからないと感じたた
めです。

相談所独自の登録者、IBJでの登録者と多くの方との出会いのチャンスを得る
に至りました。
幸い、登録後多くの方から筆者への申し込みがあり、何人かとお会いし、連絡
の続く方もいらっしゃいます。

とりあえず走りながら考える、という感じで頑張りたいと思います。

FFS

@結婚相談
~あなたに合った結婚相談サービスを無料でご紹介

テーマ : 婚活情報
ジャンル : 結婚・家庭生活

婚活パーティに行ってみた

こんにちは、先日、友人と婚活パーティに行ってみましたので、その
ときの様子を記載してみようと思います。

街コンなどのブームと並行し、婚活パーティが新聞広告などでもよく
見かけるようになりました。

ちょうど友人と日程の合うものがあり、まずは参加してみました。
友人と具体的な話が出たのが土曜日の深夜だったのですが、日曜の昼
過ぎのパーティに空きがあったので参加手続きを行いました。
意外と直前まで申し込み受付しているのだな、というのが第一印象で
す。
直前の受付を入れて男女比が1:1になるようにするのはノウハウが
あるんでしょう。

いくつか検索をかけて、要件を満たしていたのでこのパーティへ行っ
てきました。
参加者が申込前にわかる 婚活パーティー!

おおよそどんな方がいるのかというイメージがつかめますし、大きな
会社のようなので安心感もあったためです。

そもそも服装がわからないのですが、当日は適当にジャケットスタイ
ルで行きましたが、日曜開催ということでスーツの方もおらず、ちょ
うど溶け込むことができました。

筆者たちの回は、男17:女18の予定でしたが、女性の方は当日キ
ャンセルが1名あったようで、男女同数でした。

初回ということもあり、一般的な婚活パーティの形式のものを選びま
したが、受付で免許証で身分確認をし、2対2のテーブル席の並んで
いる部屋に通されました。

女性の苗字だけ記載されたリストや連絡先を記載するカード、自己紹
介カードなどが置かれており、時間までそれを記載します。

筆者は週刊誌ネタしか芸能を知らないので、「好きな女性芸能人」と
かの質問に悪戦苦闘しながら自己紹介カードを記載していました。

就職活動で、面接前にエントリーシートを書かされている気分でした。
こういうところで、サラサラかけるのは、慣れているということなん
でしょう。

プログラムとしては、まず一人当たり3分の自己紹介を順々にやって
いきます。
これだけで17人×3分で1時間弱かかります。
メモを書く暇もなく、筆者は途中でどれが誰かまったくわからなくな
りました。

とりあえず評価だけ記載しようと思い、「い」「ろ」「は」でつけて
いきました。
番号やアルファベットだと、女性側に見られてすぐわかってしまうか
と思い、いろは言葉にしましたが、友人も同じでした。

一通りの自己紹介が終わった時点で5人まで印象の良かった方にマー
クを付ける作業を行います。
筆者は最初のふたりと、話の合った1人しか覚えていませんでした。

すると、集計作業があり、自分に対してチェックを付けてくれた方が
わかるようになってカードが戻ってきます。

理論上は17人×5票=85票があるということになります。
筆者には4票がついてきました。

その後、5分×4セットのトーク時間がありました。
これは、気になった人と追加で話す時間なのですが、誰が何番かよく
わからないので、とりあえず自分にチェックを付けてくれた人なんか
と話しました。

これも、人気のある方に対しては、椅子取りゲームの様相を呈するた
め、席をうごかない傾向の強い女性側に対してはやや酷な感じがしま
した。
人気のあるないが白昼にさらされるのは女性側だからです。

そして、このフリートークの時間で3枚まで自分の連絡先を書いたカ
ードを渡すことができます。

筆者は特にだれにも渡さずに終わってしまいましたが、こういう人間
のために渡したい人にスタッフが渡してくれる時間があります。
フリートークで捕まえられなかったりしたときの救済でもあり、人気
のある男性が一目でわかりました。
筆者には二枚の連絡先が届きました。

そして、最後に自分が、友達からでもいいので交際を考えても良いと
いう相手を上位3名記載し、係の人に提出をします。
実際には3名フルに書かない人も結構いると思います。
そして、カップリングが成功していれば封筒の中に成立した番号の方
が書かれており、会場外で男性が待っているように伝えられます。

この場合のマッチングのさせ方はよくわかりませんが、おそらく女性
側の意向のほうが強いのかな勝手に予想しています。

例えば、アルファベット大文字を男性、アルファベット小文字を女性
とし、
Aさん 第1希望cさん
    第2希望bさん
    第3希望aさん

Bさん 第1希望cさん
    第2希望aさん
    第3希望bさん

Cさん 第1希望bさん
    第2希望aさん
    第3希望cさん

cさん 第1希望Cさん
    第2希望Bさん
    第3希望Aさん

このような状態のとき、例えば女性のcさん大人気なわけですが、
どんなに人気があっても成立として通知してもらえるのは1名だけ
です。
ま、どうでもいいんですけどね。

筆者は運よく趣味の話で盛り上がった方と成立しました。
この日は34人中、筆者を含めて6組12人の方がカップル成立し
ました。結構多い印象です。
あとは男性陣から退場です。
そして会場外で残った人たちが成立した人たちなんだな、と思いな
がら筆者も一緒に待ちます。

一緒に行った友人も成立していましたが、女性側も友人ときており、
その後もどこかへ遊びに行きそうな雰囲気でしたので、連絡先だけ
交換し、その場で別れました。
これくらいライトな参加者のほうが筆者は気楽でいいです。
このへんは結婚相談所よりも参加者のすそ野が広い感じがします。

筆者の場合は数日に一度の頻度でメールが続いて、近く昼食に行く
予定です。

初めてでしたが、実際に普段の生活では絶対に知合わないような女
性とお話できるようになりましたし、そうでなくても婚活パーティ
がどのようなものかイメージが分かりましたので面白かったです。
よろしければ以下のリンクからどうぞ。




FFS

テーマ : 婚活情報
ジャンル : 結婚・家庭生活

パートナーエージェントに行ってみた

こんにちは、今日はオーネットに続き、パートナーエージェントへ行
ってみたのでその様子を記載してみます。

こちらは、首都圏が主なサービス対象地域となっている会社で、山手
線の車内広告などでも見かける会社で名前は知っている程度でした。

こちらもオーネット同様に無料でパートナーエージェントのEQ診断テスト
をやってくれるというので、まずはそれをやってみて、出張で近くに行く
機会がある際に話を聞きに行ってみることにしました。

パートナーエージェントの診断はこちら




オーネットの診断はこちら




パートナーエージェントについても20問の事例質問に対して回答す
る形でのものでした。
筆者は突然の出張に絡めていきましたので、回答と同時に来店予約も
やってしまい、訪問時に診断結果も紙でもらうことになりました。

受容性・ポジティブシンキング・ストレス耐性・気配りの良さの4項
目で判定をされました。
面談時に渡されただけで、特に診断結果についての言及はありません
でしたが、筆者の場合はあまり大きな特徴はありませんでしたが、や
やポジティブシンキングに優れ、気配りの良さに欠けるという結果で
した。

毎回回答の際に思うのですが、質問に対してどのようなシチュエーシ
ョンを思い浮かべるのか、によってだいぶ回答が左右されるような気
がします。

自分が問題を作る際には、そのような想定場面が、回答者によってば
らつきが出ないように配慮する必要があるな、と感じました。

実際に来店をしてみますと、オーネットとは異なり、入口もなかなか
高級感があります。
また、一緒に事務所に入った女性が何人かおりましたが、非常に洗練
されているイメージで、オーネットとはまた雰囲気がずいぶん異なる
ように感じました。

また、応対をしてくれた方もスーツの若い男性の方で、なるほどエー
ジェントという感じの方でした。
なので、リクルートエージェントなどの方とお話しているような、そ
んな印象でした。

説明は、メモを用いながら説明をしてくれました。因みにメモはもら
えませんでした。
まずは、結婚相談所の業務内容は、紹介業であり、成婚を約束するも
のではないことから説明をしてくれました。
この辺りはわざわざ言ってくれるのは親切でもあり、成婚に至らない
場合のリスクヘッジにもなるのだと思います。
あとは登録者の多くが都市圏のため、筆者を含む地方者は少々つらい
かもしれないことも言ってもらいました。

さらにパートナーエージェントの特徴は、コーチング手法とPDCA
サイクルを回すことにあるということでした。

担当者がつくことはオーネットと変わりはありませんが、その担当者
が2時間程度の面談を最初に行い、コーチングの手法を用いつつ本人
の価値観を深く掘り下げるということでした。
就活以来久々に見たジョハリの窓もメモには登場しました。

条件面についても、なぜ年収XXX万円以上必要なのか、なぜ次男が
いいのか、などの条件に期待する本人の意図まで共有するということ
でした。

これは、最初に年収や居住地などから検索をして何人とマッチングし
てますと話を進めるオーネットとの違いに感じました。

そして、担当者が価値観まで共有した状態で女性側の担当者(こちら
も深く価値観まで共有した状態)の方と話をしてマッチをすればその
方を紹介するということでした。

この紹介にあたってもコンシェルジュのリコメンドレポートがあるよ
うです。

そして、お見合いを通じ、だめならどこが自分の求めるところと異な
るのかを担当者と落とし込み、PDCAサイクルを回すということで
した。

まずは数を打って徐々に絞り込んでいくというよりは、最初から的を
絞りつつ、狙いを明確化していくという手法のようです。

PDCAのサイクルを回すところまで担当者と共有していく感じは、
何はともあれ色々な女性と会ってみましょうというオーネットや地場
の紹介所の雰囲気とやや異なります。

ただ、オーネットでも地場の紹介所でもお会いしてだめなら何がダメ
だったか担当に伝えますので、やることは一緒ですし、会ってみない
とわからないことはたくさんあります。

そのため、筆者のように異性との交際すらままならない人生の人間に
は、とりあえず色々な人と会ってみて場数を踏むというのも大切なよ
うな気がしました。

さて、ここで問題となるのは、オーネットでも地場の紹介所でもそれ
ぞれ担当者がその感想をノウハウや経験則から求めるものを汲み取り、
次の紹介へつなげていると思います。

それをコーチング手法によって標準化しているというのがパートナー
エージェントの一番の特徴に思いましたので、コーチング手法につい
てはどのような標準化を図っているのか質問してみました。

すると3ヶ月~半年の間、研修で理論を学び、コーチング面談に同席
して習得し、社内試験を経るということでした。

因みに説明の数時間の間にも何度か成婚に至った方のお祝いが聞こえ
てきました。
成婚率はかなりいいような気がします。

筆者はこの無形ノウハウの標準化・明文化に興味があったんですが、
まあ、部外者にはその程度の説明しかしてもらえないでしょう。
これはコーチング手法に限らず、人事的な内容についても応用がきく
はずです。

なんだかんだいいつつ、これも場数のような気がするのは、筆者が仕
事については経験主義的な考えを多分に持っているからだと思います。

よって、筆者は今の未熟な恋愛観・結婚観から相手を絞り込まれてい
くよりは、幅広くいろんな人と会ってみたいということでパートナー
エージェントの利用は早すぎると感じました。

逆にある程度の自分の中で絞り込みができている方、または婚活をす
でに行っているものの、どうも自分の意図しない方ばかりの場合には、
自分の希望を見つめなおすということでパートナーエージェントは大
いに利用できるのではないかと感じました。

今度は、いろんな人に会ってみるということで婚活パーティに行って
みたのでそのことをまた書いてみようと思います。
20代後半~30代中心のお見合いパーティー☆



                              FFS

テーマ : 婚活情報
ジャンル : 結婚・家庭生活

オーネットに行ってみた

さて、4月もあっという間に終わってしまいました。

先日、無料診断テストを受けた後になかなか日程の都合がつ
かなかったのですが、実際にオーネットへ話を聞きに行ってみ
ましたので、その時の様子を記載しようと思います。



平日の18時過ぎにいったのですが、結構ブースが埋まってい
る様子でした。
いろんな相談の声が聞こえるなあと思いながら受付電話を行う
と担当の女性のカウンセラーが対応してくれました。

筆者の対応をしてくれたのは女性でたぶん40代半ばくらいじゃ
ないかと思います。
世話好きの女の子という感じの方でした。

ちなみに筆者は前職でずっと45までは女の子・65までがお姉
さんと言われ続けてきたので、筆者の中では女の子です。

ブースに案内してもらい、紅茶も出してもらえました。
自己紹介や失恋のショックから無料診断をやってみた簡単な経
緯を伝えました。

まずは、筆者が無料診断の時に出した条件(年齢25~35・身
長不問・学歴大卒以上・年収350万円以上・初婚)でどの程度
の登録者がいるのかを教えてくれました。

さらに、筆者の住所の付近でどの程度いるのかを見てくれました。
さすがは大手結婚情報サイトだけあって数は結構います。

そして、今度は筆者の情報を入力し、筆者の希望条件を満たし、
先方女性側からの条件を筆者が満たしている方(マッチング状態
の方)が何人いるのかを見てくれました。

もうちょっと期間が空いてしまい、あまり覚えていませんが、数千
人単位でいらっしゃったと思います。

そして、これだけマッチング状態なので、筆者はオーネットに登録
する資格がありますよ、というお話でした。
実際にマッチング状態が僅少な方の入会は断っているとのことで
した。
ロングテール戦略ではないようですね。

何名かのプロフィールを見せていただきましたが、写真もないです
し、PC上の文字データだけだとよくわかりません。

これは先日の郵送されてきた内容においてもそうでしたが、文字
情報だけだと結局居住地や年収などの確たる情報程度しか参考
にならないような気がします。

就職活動の履歴書であれば、女性の場合はかなりテコ入れされ
てますが、顔つきと、手書きの文字からおおよその雰囲気をつか
むことはできます。

IBJなどのネットサービスも利用できるということでしたが、これら
の情報だけで見極めるというのは難しいな、というのが正直な印
象でした。

これはどの結婚相談所でも同様だと思います。
だから実際に会うんですね。まずは会ってみないとわかりません。
仕事の適性を見るだけでも小一時間の面接を何度かするんです
から、人生のパートナーを見つけるには相応の意思疎通が必要
です。

仮に入会してより詳細なデータが見られるようになったとしても、
あまり変わらないような気がします。
だからこそ、同じネットワークを使いながら実際のカウンセラーが
つくわけですね。

筆者の人となりと、相手の人となりを第三者の目で確認し、多数
のデータマッチング者から見繕ってくれるのですが、この見繕い方
がカウンセラーのクオリティだと思います。

転職エージェントも似たようなものだなと思います。
筆者が転職を行った時には自分の職歴やどんな仕事が得意かと
いうような話をし、筆者の求める条件以外にも合いそうなお仕事を
いろいろ紹介してくれました。

この紹介のセンスがエージェントのクオリティだと思います。
明らかにノルマで全員に推薦しているだろう企業ばかりもってくる
エージェントもいれば、筆者の経験や強みをエージェントなりに分
析して案件を持ってきてくれるような人もいました。

筆者が当たったエージェントは大半が前者のしょうもないエージェ
ントばかりでしたが、実際にいろんな提案や相談に乗ってくれたエ
ージェントには今でも感謝しています。

この辺の転職関係の話もどこかで書いてみたいなあとは思います。

さて、話がそれましたが、マッチングの概要を見せてもらい、その
ままデータ以外のパーティや冊子の紹介や、料金の説明などに入
り、キャンペーンなどで筆者は割引対象になるなどの説明をしても
らいました。

そのあとは雑談を続けていたのですが、筆者は恋愛経験の絶対値
が少なすぎるので、とにかく色々会ってみて経験を重ねるべきだと
言われました。

そして、オーネットは会員数に自信があるので、多種多様な方を紹
介できるし、筆者のような奥手の人間に対して、数多くのアドバイス
ができるということでした。

結婚のイメージがよくわからない、ましてや子供のことなどイメージ
つかないという話をしたところ、とにかく数をこなしていくうちに自分
の好みや求めているものが見えてくると言われました。

これは確かに仕事と同じで、いろんな仕事をしている間に自分が
得意なことや考えていくことが就職前からだいぶ変わっていきまし
た。

同様の理由にいより、とりあえずやってみるというのは一理あるよ
うな気がしてきました。

では、ほかの会社はどんなサービスがあり、どんなアドバイザー
がいるのかだんだん興味がわいてきました。

人をつなぐのですから、我々人事屋や転職エージェント以上に人
の機微をわかってくれる人が大切です。
そして、それをわかってくれる人になら、相応の費用を支払っても
ペイできるだろうとも思いました。
なかなか面白い経験でした。

そしてパートナーよりも結婚活動そのものにだんだん興味がわい
てきたこともあり、今度はパートナーエージェントのEQ診断テスト
を受けてみました。

山手線の車内広告でよくみるあの会社です。
パートナーエージェントについてもまた書いてみようと思います。

                          FFS

テーマ : 婚活情報
ジャンル : 結婚・家庭生活

プロフィール

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。