スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア国債に投資してみた


 ご無沙汰しています。
気付いたら1年強更新しないままになってしまいました。
この間、個別の株式や債券などの売買は行っているものの、それほど大きく
動かしてはいませんでした。

原油価格も50ドル弱の微妙な金額を維持し、日本株式も高値維持とは言わ
ぬまでも安値とも言えず、米国株式は高値圏推移となったことから、なかな
か投資機会を見いだせずにいました。

ここにきて英国のユーロ離脱やドイツ銀行などの資産劣化懸念などにより、
ちょっと相場に動きが見えてきたことから、投資機会を探っていました。

ちょうどキャピタルパートナーズ証券の担当からロシア国債の話があり、購
入をしてみました。

短期債とはいえ、ややリスクのある投資です。

 ロシア国債 BBB-(S&P)
 償還日:2018/3/15(残存1.69年)
 クーポン:7.50%(3月、9月)
 単価:99.50RUB
 終利:7.83%
 為替:1.66(ロシアルーブル)

100万ルーブル分を約168万円で購入しました。
2年弱で満期を迎えるため、とりあえずそれまで何もないことを願うだけで
す。

英国離脱前にユーロ債を売却する提案がありましたが、売却しませんでした。
筆者としては以下のユーロ債のみがユーロ建て資産になるため、通貨分散の
観点で残しました。
結果的には含み益を減らしましたが、やむをえません。

この記事をあげようと思っていたころ、トルコでクーデター未遂が生じまし
た。
一応、筆者も2012年に以下の条件で購入したトルコリラ建てのゼロクー
ポン債があり、クーデター発生のニュースを見た時点ではちょっとこの債権
はもうだめかもわからんと思いました。

 発行者: 欧州投資銀行(格付けAAA)
 償還日: 2022年9月5日(残存年数10.57年)
 額面: 20,000TRY
 単価: 43.25TRY
 最終利回り: 12.42%
 為替: 46.25円(手数料2円込み)

気付くと2022年の償還が迫ってきましたので、為替が大きく割り込む事
態が生じぬように願うだけです。
購入当時は2011年10月3日の安値40.53円でも年利回り(単利)
で11.53%とれる計算でした。
筆者の分岐点は18.5円前後です。現在で1トルコリラ約35円なので、
今のところまだ持ち続ける意味があります。
高金利通貨なので、為替が下がっていくのはしょうがないですが、政治的に
も経済的にも安定してあと6年の間に為替が持ち直すといいなぁ。

筆者のこの投資の成否は、国際的にトルコがどのような位置づけを占めてい
こうとするかによると思います。
にわかに解説が増えましたが、世俗主義を標榜していたトルコがどのような
道を歩んでゆくか、ロシア及びイスラエルとの関係改善をどの程度進めてい
くのか、見守っていきたいと思います。

FFS
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

マネックス証券にNISAの口座開設してみた

もうすでに多くの証券会社に口座を開設しており、引っ越しの際の住所変更
の面倒さに辟易し、口座を増やすことは止めていましたが、先日新たに開設
しました。

マネックス証券
です。

2013年末に譲渡所得課税率が上がるに伴い売却した分の資産をどのよう
に扱うか考えていました。

筆者は昨年10月3日付の「NISA口座の開設について」において、様子見の
スタンスをとっておりましたが、NISA制度の期間延長及び上限引き上げ
の検討が行われていることから改めてNISAの口座開設についても検討し、
いくつか資料を取り寄せていました。
http://fujifinancialsupport.blog31.fc2.com/blog-entry-73.html

とにかくNISA口座は開設に時間がかかる上に住民票の取得が面倒と聞い
ていたので、会社が休みのときを見計らい、住民票だけ取得しておきました。
どうでもいい話ですが、この住民票取得代金の200円は確定申告において
必要経費として取り扱っていいのかな。
小さ過ぎる話なので聞くのも格好悪いのですが。

そこで、どのような資産クラスを購入していくかを検討し、海外株式の比重
が下がり始めていたので主に海外株式を購入することにしました。
筆者の場合、海外株式はちょうど5年スパンで保有しているのでNISAと
の相性も悪くないと考えました。

ネット証券は日本株及び外国株の購入は、主にSBI証券を使用していまし
たが、マネックス証券では米国株の取引手数料が5ドルであると知り、まず
はNISAではない通常の口座を開設しました。

しかし、米国株をNISAで購入するには疑問もありました。
配当利回りを重視した海外株式投資を行うに当たり、配当の非課税という点
がNISAの大きなメリットとなります。
外国税控除は、金額が小さかったこともあり確定申告も行っておらずあまり
意味が分かっていなかったのですが、NISAで海外株式を購入した場合に
メリットを享受できるのか、そもそも海外株式の配当はどのような課税がな
されているのか、この辺りから考えることになりました。

以上のような検討事項を抱えながら、トライアルとしてマネックス証券の口
座を開設しました。

売買画面そのものは5年以上見慣れているSBIには劣りますが、マネック
スで普通に米国株を購入することができました。
筆者はヴァーレ、グラクソスミスクライン、バンコサンタンデール、ロイズ
バンキングなどのADRも投資候補としていましたが、ADRも徐々に銘柄
が追加されつつあり満足しています。

意外とよかったのは、「バロンズ拾い読み」のコーナーです。
バロンズはたまに目を通していましたが、如何せん英語でどうにもならなか
ったのですが、筆者が興味を持って読むような記事そんなに細かな記事は読
んでいません。
文字通り日本語で拾い読みできるので、筆者レベルの使い方であればもうこ
れで十分でした。

長くなってしまったため、NISA口座開設については次の機会とします。





FFS

確定拠出年金で株式をすべて売却してみた


 こんにちは、今回は大した金額ではないものの初めて確定拠
出年金の運用を変更したので記載をしておこうと思います。

筆者の会社は退職金の一部を確定拠出年金として運用をしてい
ます。

退職金全てが確定拠出ではないため、筆者のような転職後数年
の社員の確定拠出年金は現時点で本当に微々たるものですが、
確定拠出年金の運用としては大きく変更をしました。

理由は今回のアルゼンチンペソ急落に対する対応です。
新聞も斜め読み程度しかしていませんでしたので、中国のシャ
ドーバンキングについては危なそうな様子を追っていましたが、
今回のアルゼンチンペソの急落は恥ずかしながら寝耳に水のよ
うな状態でした。

昨年の秋以降何となく、株価の上がる妙に居心地の良い相場が
続きましたので、何かショックや急落というものがあれば手じ
まいをしようと考えていました。
それだけの下げ余地があると考えたからです。
そのため、税制対策もありますが、日本株式の売却も行ってき
ました。

確定拠出年金についても、掛け金比でみると50%増、年利で
見ても30%以上の利回りになっていました。
もともとあまり選べる余地がありませんでしたが、海外株式の
パッシブ運用に75%、日本株式のアクティブ運用に25%を
回し続けていました。
ま、これが頃合いだろうということで海外株式・日本株式共に
全て売却し、日本債券ファンドと預金モノに移しました。
債券と預金に分けた理由は、単純に再度海外株式と日本株式に
戻すときに区別しやすいからというだけの理由です。

継続的に様子を見つつ、1ヶ月くらいしてなにも無さそうであ
れば、元に戻そうかと思います。
月並みな意見ではありますが、しばらくは、新興国通貨を中心
に不安定な動きが続きそうな予感がしています。

また、円安ドル高傾向にも若干の歯止めがかかったように感じ
ましたので、比率が相対的に下がっていた海外株式の購入にそ
ろそろ動き出そうと思っています。

こちらは、P&Gの二匹目のどじょうねらいです。
高配当で、株価の安定的な上昇の狙えるものを探しています。
筆者は、2008年にiシェアーズ 好配当株式 ETF (DVY)を
購入しています。
DVYもとんでもなくどうしようもない株価になっていて完全に
放置していましたが、5年チャートで見てみると綺麗に右肩上
がりで、今や結構な含み益です。
こういう値動きだと安心でき、債券的な持ち方をできます。

残念ながら、米国株はなかなか銘柄を判断することができない
ため、まずはこのDVYの保有銘柄の中から、候補銘柄を探して
みようと思います。

海外株式を購入するのは久しぶりなので、まずは取扱銘柄も増
えたSBI証券で購入します。
BOOM証券はひところやたらログインパスの変更をさせられ
ましたが、最近は落ち着いているのでほぼノータッチです。
英語分からないですし(笑)
今のSBI証券はSBI住信ネット銀行とリンクしているので、
外貨準備も即入金でき、これはいいなと思いました。
5年前はドルにするだけで二日くらいかかり、じりじり待って
いるあの感じを思い出しました。
進歩に感心します。




話がそれましたが、確定拠出年金、社内での運用利回りはトッ
プクラスなので、ちょっと自慢です。
そもそも、賞与で債券を買い、確定拠出年金を100%株式に
している時点で位置づけをとらえちがえているかもしれません。

それでも、運用益留保できるメリットを享受しようとすると、
確定拠出年金側でこそリスクをとるべきではないか、そんな風
に考えています。
確定拠出年金で株式に投資をし、個人の証券口座では債券投資
をするのがいいのではないかと考えています。

だからまた確定拠出年金はオール株式にします。
そのタイミングをいつにするか、やはりじりじりと相場を眺め
て待つこととします。

FFS

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

NISA口座の開設について

 こんにちは、金融関係はかなりずさんな管理になっていますが、証券会社
や銀行から色々と案内がきて喧しいNISAについて少し考えてみたいと思
います。

NISAに関する基本的なことは、日経新聞や証券会社でもたびたび説明し
てくれていますし、各会社ごとの比較も色んな方々がわかりやすいまとめサ
イトを作成してくれていますので、こちらでは個人的な方針の記載にとどめ
ます。

非課税というメリットが高らかに謳い上げられていますが、事が簡単なら新
聞でも制度の説明はもっとあっさりしているはずです。
そこでNISAのメリットとデメリットをざっくり考えてみます。
筆者レベルでは年間100万円の元手を入れるのはいっぱいいっぱいなので、
上限の100万円というのはあまり意識していません。

メリット
 1.譲渡益が非課税
 2.配当が非課税
 3.各社のキャンペーンに乗れる

デメリット
 1.他の口座と損益通算ができない

留意点
 1.譲渡益の非課税枠は一度しか使えない
 2.非課税期間はそれぞれ最大5年間

この制度を作ったからのインタビューなどがアイアールやジャパニーズイン
ベスターなどの雑誌でも出ていたと思いますが、それなりに理想や狙いがあ
ったようには感じています。
だから、単純な特別措置の延長ではなく、こんな新しい制度を作ったんだと
思います。

が、段々理想だけじゃなく、色々な思惑が入ってこのような制度になったん
だと思います。微妙な部分もありますが、とりあえず各社しのぎを削って手
数料も下げてくれており、メリットが享受できそうであれば使ってみようか
と思っています。
どこで口座を開くかはまた検討してみたいと思います。
現在の候補としては使い慣れて手数料のキャンペーンもしているSBI証券
です。



純粋に長期投資を促し、個人投資家層の育成と国民の財産形成の一助とする
のであれば、なぜ5年で区切るのか。
5年後に非課税枠を使おうと売りが殺到するのが目に見えますので、何らか
の延長措置などを講じるかもしれませんが、現時点では今の制度で考えるし
かありません。

筆者は投資を初めて5年半というところですが、既に5年保有している株式
もあります。
配当狙いの他は、数年単位の緩やかなトレードが多いので、比較的今の投資
スタイルには適しているかもしれません。

確実にメリットを得られるのは、5年未満で満期を迎えるの外債を購入する
ような運用でしょうか。
円建てではわかりませんが、デフォルトしなければ確実に非課税のメリット
は得られます。
筆者の有している外債は最長で25年とかありますが、4~5年のものを担
当者に探させるのはアリかもしれません。

筆者が配当狙いで持ち続けているようなP&Gのような株式を急落時に仕込
んで放置するようなやり方も比較的恩恵を得やすいのかもしれませんが、損
益通算できないところは要注意です。値動きが堅調な配当狙いの株式が適し
ているんでしょう。

とりあえずは実際にNISAが動き始めてしばらく様子を見てみようと思い
ます。

税金だけを考えるのであれば、NISAよりもまずは金やプラチナを買いま
くって消費税分の差額3%を狙う方が確実です。
値動きもあるので成功するかどうかはわかりません。
なので、筆者はプラチナ積立を続けて1年強になります。
ただ、なんかやってることが小さいな~と我ながら少し恥ずかしい気持ちで
す。

せいぜい年間100万円の枠の話なんですから、単純にずっと全部非課税っ
てしてほしかったなぁ。

FFS

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

MAN社マイルストーンなどのヘッジファンドを売却します

こんにちは、円安株高がここまで続くと思いませんでした。
筆者の株も順調に上がるもの、イマイチなものいろいろありますが、いくつ
か利益確定で売りを始めました。
大体筆者の場合はざっくり日経平均11,000円位が損益分岐点です。

そんな中で、少し大きなポートフォリオの見直しを行いました。
以前より、株価急落の場合の備えとしてトレンドフォロー型のヘッジファン
ドであるMANのマイルストーンと、スーパーファンドを保有していました。

スーパーファンドは2008年に購入したなかなか思い出深いファンドです。
これも当時キャピタルパートナーズ証券でヘッジファンドのセミナーがある
ということで、投資を始めてすぐの筆者にはヘッジファンドのセミナーに普
通のサラリーマンが出席できるなんて驚きと興奮とともに東京まではせ参じ
たのです。

また、MANのマイルストーンもトレンドフォロー型のヘッジファンドがい
ろいろ日本でも紹介され始めた時に、ポートフォリオの1~2割は必要だろ
うと考えて購入したものです。

チューリップトレンドファンドなどいくつか見比べながら定番の商品を選び、
お守り代わりに保有していました。

しかしながら、ここ1年以上両ファンドともパフォーマンスに優れません。
それだけならば、お守りとして保有している分には問題ないのですが、特に
明確なトレンドが出始めたと思われるこの上げ相場にもまったくパフォーマ
ンスが出てこないところに大きな疑問符を抱きました。

トレンドフォローと言いながら、トレンドを掴めていないではないか、また
なぜパフォーマンスがすぐれないのかも月報などを見てもさっぱり理解でき
ません。
株であれば、決算や企業のIRニュースを見れば我慢の局面か、売り払うと
きか判断することができますが、ヘッジファンドは中身が見えないために、
判断材料すらありません。

判断材料がない以上、想定した相場で想定されたパフォーマンスを出すこと
ができないということから売却することに決定しました。

筆者のポートフォリオの10%弱を占める部分であることから、これからど
のような運用を行うか思案しています。
ヘッジファンドは現金化にも非常に時間がかかります。
MANのマイルストーンは2週間くらいと比較的短期だったイメージがあり
ますが、スーパーファンドは1か月以上かかった覚えがあります。

現時点ではMANはごくごくわずかに評価益、スーパーファンドは30%以
上のマイナスという状況で、とりあえず担当の方に売却の依頼をしました。
まあスーパーファンドもいろいろ本をくれたりして勉強をさせてくれました
し、しゃあないです。
投資を始めてすぐの頃でしたので、素直に面白いことをする人がいるものだ
とおもったのがこの本です。

今日から始める!個人向けヘッジファンド入門

新品価格
¥1,575から
(2013/2/9 15:20時点)


母にはスーパーファンドゴールドが出てすぐのときに購入させ、金の高値と
ともに単元価格が上昇したことから売却をさせていました。
自分の資産じゃないと我ながらうまくできました。
その時もらった本がこちら。

今日から始める! 金投資超入門

新品価格
¥1,575から
(2013/2/9 15:20時点)


金建てという発想が面白かったです。
以前、2008年7月21日号の日経ビジネスで、世界がすべて金建てだっ
たら、という特集をしていたことがありました。
あんなのの影響もあって買ってみたのをふと思い出しました。




併せて、MAN購入の際に大半は売却していたのですがユーロ建MMF約1
3万円分も全額売却しました。
為替的にも筆者の購入為替以上になっていることと、ユーロがこれほどまで
に上がる理由がわからないためです。
証券会社の担当者もユーロは上げすぎという認識で一致していたので、つい
でに売ってしまいました。

ユーロ建てMMFは野村のものを保有していましたが、いつの間にか保有証
券の多くが邦銀発行のものになっていました。
確かダイワのユーロ建てMMFが償還になるなど、状況は相変わらずよくは
ないのではないかと感じています。

シェールガスの絡みもあり、米ドルが今後独歩高になるのではないか、そん
な気がしていますので、売却したキャッシュは米ドル建ての債券でいいもの
があれば運用に回そうかと考えています。

筆者のドル建て資産の大半はこのヘッジファンド群であり、今までは巨額の
赤字を抱える米ドル建て債券は購入する予定が全くありませんでしたが、遅
ればせながら、米ドル建てでも多少は資産を持つべきである気がしていたの
でちょうどいいです。

今まで相場総崩れのヘッジに保有していましたが、その分の役割はベアファ
ンドやワラントなどのオプションを使えばいい気がします。
ヘッジファンドよりもよほど動きが明確です。
そもそもあまり下落でサヤを稼ぐというのは自分の性に合わないようです。
まあどうせそのうち株価も戻るだろうし、なんだかんだでリーマンショック
から今までバイアンドホールドでもなんとかなったので、時間のある時分に
は保有しなくてもいいのではないかという気がしています。
あとは金・プラチナあたりを資産に組み込むくらいでしょうか。
ただ、ひたすら耐え続け、買い下がる手法も弱小サラリーマンだからこそ採
用できる戦略かもしれません。

久々に100万円単位でお金を動かすので戦々兢々、少しわくわくです。

FFS

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。