スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフショア投資に至るまで③

「星は等級を増すごとに約3倍の割合で増えることになります。
望遠鏡でのぞいた夜空は、肉眼に比べて約81倍の数の星がひしめきながら輝くことになるわけです。
たとえば天王星、いえ土星だって予備知識なしに夜空では簡単に見つけられないものなんです。
コペルニクスに至っては生涯水星を見たことがなかったと言われています。」


まだ大学で一般教養を受けていたころ、こんな講義を受けたことがありました。
急に投資を始めようとしたときに、それはそれは世界にキラ星からくず星まで満天に輝く空に怖気付いたものです。
それが、ひとつずつ投資商品を知っていき、段々星団などの括りが見えてきます。
色々な珍しい投資商品を探そうとしていた矢先、
Financial Japanの記事でスタンダードチャータード銀行では様々な仕組預金を扱っていることを知りました。

FINANCIAL JAPAN (フィナンシャル ジャパン) 2008年 03月号 [雑誌]

中古価格
¥1から
(2013/3/24 01:13時点)



預金なのに、為替レート次第で受け取り通貨が変わるなんて面白い!と思ったわけです。
新生銀行の仕組預金などは知っていましたが、スタンダードチャータードは自由にカスタマイズできる、と。
なぜなら金融資産2000万円以上を保有する準富裕層向けプライオリティバンクだから、だとのこと。
当然、2000万円も資産はありませんが、ドル円の仕組預金ではなく、ドルユーロの仕組預金ができるなら、
それはとっても便利じゃないかと思ったのです。
でも僕はこの時点で勘違いをしていましが・・・
ドルが高くなればドルで受け取れて、ユーロが高くなればユーロで受け取れるなら、
そんないいところ取りの商品だ!!と思っていたのです。
通貨分散の大切さはこの頃には十分認識していましたが、ドルもユーロも抱える余裕はない。
ならば、より高くなるほうの通貨だけを持てればいいじゃないか!と思ったのです。


もちろんそんなうまい話あるわけありません。
資料請求して色々読んでいる間に完全に勘違いしていたことがわかります。
それでもSMCD預金など、使いようによってはうまく外貨で運用できる気がしました。
既にあるドルを、元本確保しながら(利息が一切付かなくなるリスクと引き換えに)新興国通貨の利回りを享受できるという商品は利下げが続く米ドルでは魅力的に見えました。
今は通貨選択型の投信など色々ありますが、2008年頃はそんな商品はほとんどなかったと思います。
「300万円くらいしか入金できません」という僕にもとっても丁寧に対応してくれたのも好印象でした。
ただ、それでも300万円ですら背伸び感があることと、東京にしか店舗がないことから口座開設を断念します。
給振口座がスタンダードチャータード銀行って格好よくね?って思っていただけにとても残念。
そもそも給振なんかに使うような銀行じゃありませんが・・・


失意のうちにネットでスタンダードチャータード銀行やANZなどの外銀を調べている間に、某巨大掲示板にたどり着きます。
そこでの書き込みではっと目からうろこが落ちました。
「日本ではずいぶん敷居高いんだな。香港ではよくお世話になったのに」
って感じの香港駐在員の書き込みだったと思います。

「そっか、海外で口座を開くって手段があるんだ」

ちょうど海外先物で140万円の大損害を出し、
外貨預金や仕組預金で安定運用を考えていたスタンダードチャータードなどの外銀の敷居が高すぎ、
株や債券などの一般的な投資商品も飽きていたころでしたので早速香港での開設を目指します。


これに気づいてからは早かったです。
グーグル先生もすぐにいろんな情報を教えてくれます。
本屋でもオフショア投資とか海外口座の本が多くはないですが並んでいることに気づきました。
自分にとっては新しい星を発見した気分です。
海外で口座を開設するというのは主に富裕層といわれる方の資産逃避・資産分散が目的のようですが、
そんなことよりもいろんな投資商品が広がっていることに興奮しました。

その後は適当に口座開設ツアーを見比べて参加して無事に口座を開設しました。


ここまでだらだら書かせていただきましたが、
言いたかったことは一般の人間にもオフショア投資の道は開けており、
ただ、普通に生活しているだけでは気付かない人が多いんだっていうことです。
筆者は先述のような順番を踏み、出来事から偶然たどり着きましたが、本当に面白く、興味深い。
別に投資が趣味が趣味な方ではなくても、大きなメリットが享受できる可能性がある。
できれば今すぐにでも海外投資を始めた方が良いと勧める方も多いですが、
まずは自分にもオフショア投資という選択肢があるんだという認識をしてもらいたく、
ブログという形を借りて情報発信をしてみました。

現状、このブログを読まれるかたは、
オフショア投資をしようと思い、検索して訪問してくださっているようですので、
偶然たどり着くようなことはないのでしょうw
まだまだ試行錯誤の段階です。

ご拝読ありがとうございました。
FFS
スポンサーサイト
プロフィール

FFS

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。