スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAN社マイルストーンなどのヘッジファンドを売却します

こんにちは、円安株高がここまで続くと思いませんでした。
筆者の株も順調に上がるもの、イマイチなものいろいろありますが、いくつ
か利益確定で売りを始めました。
大体筆者の場合はざっくり日経平均11,000円位が損益分岐点です。

そんな中で、少し大きなポートフォリオの見直しを行いました。
以前より、株価急落の場合の備えとしてトレンドフォロー型のヘッジファン
ドであるMANのマイルストーンと、スーパーファンドを保有していました。

スーパーファンドは2008年に購入したなかなか思い出深いファンドです。
これも当時キャピタルパートナーズ証券でヘッジファンドのセミナーがある
ということで、投資を始めてすぐの筆者にはヘッジファンドのセミナーに普
通のサラリーマンが出席できるなんて驚きと興奮とともに東京まではせ参じ
たのです。

また、MANのマイルストーンもトレンドフォロー型のヘッジファンドがい
ろいろ日本でも紹介され始めた時に、ポートフォリオの1~2割は必要だろ
うと考えて購入したものです。

チューリップトレンドファンドなどいくつか見比べながら定番の商品を選び、
お守り代わりに保有していました。

しかしながら、ここ1年以上両ファンドともパフォーマンスに優れません。
それだけならば、お守りとして保有している分には問題ないのですが、特に
明確なトレンドが出始めたと思われるこの上げ相場にもまったくパフォーマ
ンスが出てこないところに大きな疑問符を抱きました。

トレンドフォローと言いながら、トレンドを掴めていないではないか、また
なぜパフォーマンスがすぐれないのかも月報などを見てもさっぱり理解でき
ません。
株であれば、決算や企業のIRニュースを見れば我慢の局面か、売り払うと
きか判断することができますが、ヘッジファンドは中身が見えないために、
判断材料すらありません。

判断材料がない以上、想定した相場で想定されたパフォーマンスを出すこと
ができないということから売却することに決定しました。

筆者のポートフォリオの10%弱を占める部分であることから、これからど
のような運用を行うか思案しています。
ヘッジファンドは現金化にも非常に時間がかかります。
MANのマイルストーンは2週間くらいと比較的短期だったイメージがあり
ますが、スーパーファンドは1か月以上かかった覚えがあります。

現時点ではMANはごくごくわずかに評価益、スーパーファンドは30%以
上のマイナスという状況で、とりあえず担当の方に売却の依頼をしました。
まあスーパーファンドもいろいろ本をくれたりして勉強をさせてくれました
し、しゃあないです。
投資を始めてすぐの頃でしたので、素直に面白いことをする人がいるものだ
とおもったのがこの本です。

今日から始める!個人向けヘッジファンド入門

新品価格
¥1,575から
(2013/2/9 15:20時点)


母にはスーパーファンドゴールドが出てすぐのときに購入させ、金の高値と
ともに単元価格が上昇したことから売却をさせていました。
自分の資産じゃないと我ながらうまくできました。
その時もらった本がこちら。

今日から始める! 金投資超入門

新品価格
¥1,575から
(2013/2/9 15:20時点)


金建てという発想が面白かったです。
以前、2008年7月21日号の日経ビジネスで、世界がすべて金建てだっ
たら、という特集をしていたことがありました。
あんなのの影響もあって買ってみたのをふと思い出しました。




併せて、MAN購入の際に大半は売却していたのですがユーロ建MMF約1
3万円分も全額売却しました。
為替的にも筆者の購入為替以上になっていることと、ユーロがこれほどまで
に上がる理由がわからないためです。
証券会社の担当者もユーロは上げすぎという認識で一致していたので、つい
でに売ってしまいました。

ユーロ建てMMFは野村のものを保有していましたが、いつの間にか保有証
券の多くが邦銀発行のものになっていました。
確かダイワのユーロ建てMMFが償還になるなど、状況は相変わらずよくは
ないのではないかと感じています。

シェールガスの絡みもあり、米ドルが今後独歩高になるのではないか、そん
な気がしていますので、売却したキャッシュは米ドル建ての債券でいいもの
があれば運用に回そうかと考えています。

筆者のドル建て資産の大半はこのヘッジファンド群であり、今までは巨額の
赤字を抱える米ドル建て債券は購入する予定が全くありませんでしたが、遅
ればせながら、米ドル建てでも多少は資産を持つべきである気がしていたの
でちょうどいいです。

今まで相場総崩れのヘッジに保有していましたが、その分の役割はベアファ
ンドやワラントなどのオプションを使えばいい気がします。
ヘッジファンドよりもよほど動きが明確です。
そもそもあまり下落でサヤを稼ぐというのは自分の性に合わないようです。
まあどうせそのうち株価も戻るだろうし、なんだかんだでリーマンショック
から今までバイアンドホールドでもなんとかなったので、時間のある時分に
は保有しなくてもいいのではないかという気がしています。
あとは金・プラチナあたりを資産に組み込むくらいでしょうか。
ただ、ひたすら耐え続け、買い下がる手法も弱小サラリーマンだからこそ採
用できる戦略かもしれません。

久々に100万円単位でお金を動かすので戦々兢々、少しわくわくです。

FFS
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。