スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭り11 ストラックアウトや射的店舗の運営

 こんにちは、久々にイベント関係の案件で記事を更新しようと思います。
先日は最後仕入れの関係について少し触れましたが、この縁日関係の運営に
は結構センスが問われる内容になってきます。

今回はストラックアウトや射的関係の屋台準備を見ていこうと思います。
様々な店舗の運営を考えると、およその景品仕入れ数などが計算できるよう
になります。
その後、各景品関係の仕入れに移ります。

仕入を行う際には、当然なるべく送料の節減やボリュームメリットが生まれ
るように発注するように考える必要があります。
一方で、入手する人に喜んでもらえるような商品を選ぶこともまた大切です。

基本的に縁日関係の仕入れのところで筆者が行ったのは以下のものでした。
1.スーパーボールすくい、輪投げ、ストラックアウト等の景品
2.入場時に入り口で子供に配るおもちゃ
3.落書きせんべいのせんべいや砂糖などの食品
4.食べ物を入れる容器等

仕入れ関係はまた別の機会に記載しようと思います。

今回は1のストラックアウト部分について記載をしようと思います。
まずは、どの程度の数を配るのかざっくり数を求めます。
玩具関係というのは結構安く仕入れることができ、焼き鳥やビールのような
食べ物系とは異なり、売れさえすれば赤字の出ない水準で、来場者にそれな
りに満足いくものを出すことができます。
行う縁日内容によって単価を出します。

1.店舗のキャパを計算
  まずこれがまず結構難しいです。
  筆者は2回ストラックアウトを行いましたが、これはなかなか大人気で
  す!
  ストラックアウトは12球投げて9つあるターゲットを狙います。
  筆者の場合は、組合がストラックアウトのセットを有していたので、そ
  れを借りて運用していました。
  イベント業者からレンタルを行うこともできます。
  
  では、3時間のイベント時間でどの程度の人数が捌けるか。
  射的やストラックアウトのようなものは、結構一人当たりの時間がかか
  りますし、結構球拾いなどでスタッフも疲弊しますので、思っている以
  上に捌けません(苦笑)

  ストラックアウトの場所にもよりますが、外はなかなか難しいので体育
  館でやると、真夏の夕方の体育館で子どもを相手にボールを拾うのです
  から、そりゃ大変です。。。

  最初は全然わからなかったので、社宅の子供を呼んで実験してみました。
  子供が1球投げるのに約10秒×12球=120秒
  180分÷120秒=90回

  子どもが投げてる様子の写真を撮りたいお父さんもいますし、運営もス
  ムーズにいかないこともありますので、これに8掛けして大体75人程
  度。

  これが筆者の出した結論です。
  3時間で75人。どうでしょう?思ったより少ない感じがしませんか?

  ただ、これは実際こんな程度です。
  それに、これらのゲーム関係の良いところは、景品がなくなった後も無
  料で子どもに遊ばせ続けることができ、最後まで人が絶えません。
  ラスト30分くらいで終わっているのがちょうどいいんだと思います。
  飲み物ならまだしも、玩具が余っても困りますしね。


2.景品を渡すグレード分け
  射的やストラックアウトのような場合、景品を渡す水準の段階分けを行
  います。
  例えば、パーフェクト、ビンゴ1列以上、それ以下(参加賞)のように
  段階を分けます。
  あまり細かくすると店舗の運営で混乱をきたすので、3段階くらいがち
  ょうどいいと思います。


3.会場の準備
  実際の準備はまだまだ先ですが、大体どの程度の遠さから投げるか、な
  どの設営は考えておく必要があります。
  これも男の子と女の子、小学校入学前と小学校入学以降くらいで、難易
  度を分ける方がいいですが、細かくしすぎると運用が混乱しますので、
  この4段階くらいがちょうどいいです。

  ちなみに筆者のイベントの場合は1回目は小学校入学を境にしましたが、
  意外と挑戦する子供の年齢が高かったので、2回目以降は小学校4年生
  で分けました。
  小学校4年生以上の男子が8メートル
  小学校3年生以下の男子+女子が6メートル
  で設定していました。

  景品を渡す基準は
  ①パーフェクト
  ②男の子がビンゴ2列、女の子がビンゴ1列
  ③それ以下
  の3段階で運用していました。
  
  床にビニルテープを張るだけで難易度は大きく変更できます。
  小さな子供が投げて届く範囲で設定します。
  あとはストラックアウトの後ろのところにゴルフの練習ネットのような
  ものを置いて変な方にボールが出ていかないようにしておくと便利です
  ので、そんなものを探しておきます。
  ボールの準備も必要です。
  きっちりしたストラックアウトほど、硬球などで危ないですので、万が
  一、人に当たってもけがの心配のないゴムボールを準備します。
  じつはゴムボールにすると、結構難易度が上がるのでこれもまた面白い
  ところです。
  12球×2+予備で30球弱あるといいですね。
  そうすると、投げた子の後の直後に次の子を投げさせることができ、投
  げている間に次の子の球を拾って集めておくことができます。

    
4.景品の準備
  ここは結構センスが問われます。
 
 ①パーフェクトの景品
  特にパーフェクトの景品は、価値があろうがなかろうが人目につくよう
  な景品にするように心がけていました。
  欲しいとかそういうものではありません。
  ストラックアウトでパーフェクトをとったというアピールできる景品に
  するといいです。
  例えば頭の後ろにつけておくようなお面なんかは低学年の子供に喜ばれ
  ます。テキ屋で買うと500円以上する高額なものですので、お母さん
  にも喜ばれますが、これは最新のものである必要はありません。
  しかし、ひょっとこやオカメなどの明らかな安いお面もNGです。
  このような旧柄で安く手配するのがベターです。

☆★特価おめん【スーパー戦隊】レジェンド戦隊6色セット★☆(6種各1枚) イベント【お面】[13/0614]

価格:945円
(2013/8/25 10:34時点)
感想(8件)



  低学年の男の子ならちょっと大きめの光る銃も人気です。

バラ売★光るトンネルライトピストル【光り物玩具】【不良返品不可】234[13/0528]

価格:221円
(2013/8/25 10:58時点)
感想(1件)



  1回100円として150円~200円程度で用意するのがいいです。

  また、小学校高学年になるとちょっとオシャレなものとかがいいですの
  で、こんな光るうちわなどは人気でした。夜目立ちますしね。
  これは女の子も選ぶことが多いのでオススメです。
単価64円x12入=768円(税前)【光るうちわ】
光るうちわ★袋入★光るんです!うちわ(フラッシュうちわ)12入【光り物玩具/光るおもちゃ】【不良返品不可】256,238[13/0514]


  女の子向けには筆者の時にはありませんでしたが、こんなものもいいか
  もしれません。ただバルーン物は準備が面倒くさいので対応できれば…
  というところですが。

★バラ売★スティッチフェイスランタン 【光り物玩具/光るおもちゃ】234[13/0704]

価格:205円
(2013/8/25 10:51時点)
感想(5件)



  
 ②パーフェクト以外の景品
  これは適当で大丈夫です。
  またどこかで記載する配りものの玩具と同じタイミングで仕入れるとい
  いでしょう。
  2段階目の景品が単価65円程度
  一番下の景品は単価35円程度でいいでしょう。
  
  一番上でいい銃を入れたら一番下に小さな銃をセットで入れておくと会
  場で戦争ごっこをする姿が出てくるはずです。
  現在の楽天では見当たりませんでしたが筆者は@32.5円で仕入れて
  いました。

  あとはこんなのを段階に分けて机に広げておけばOKです。
  50円景品おもちゃ おまかせアソート50個入
  http://dagashi-omocya.co.jp/SHOP/omo50601.html

  100円景品おもちゃ おまかせアソート50個入
  http://dagashi-omocya.co.jp/SHOP/omo50404.html


3.人員の配置
  人数がさければ多くの人数を配置するのがいいですが、当然要員合理化
  が必要です。
  2交替制か3交替制かは運営に拠りますが、1チーム4名がいいでしょ
  う。
  人数配置は以下の通りです。

 ①現金係
  現金には常に人を張り付けておきます。

 ②列を並ばせる係り
  これらの店舗は子供が多く並びます。
  並んでいる間に前の子が投げる様子を見ているのもまた一つのエンタテ
  イメントなのです。
  ただ、つい熱中しすぎて列が乱れてしまうので、列を整理する人を一人
  用意しておきます。

 ③ボール担当
  ボールを拾って子供に渡す係です。
  結構疲れます。ボールを拾いながら、「惜しい!」「パーフェクト!」
  なんて声をかけてくれると盛り上がるところです。

 ④景品担当
  結果を見て景品を選ばせる係です。


 まだまだ細かなことはたくさんありますが、このように一店舗だけでも考
 えること、準備することはたくさんあります。
 実際に一度でもやっていれば運営はイメージが非常に湧きやすいので、初
 回さえクリアしてしまえばあとは多少は現場から改善が行われていきます。

FFS
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

プロフィール

FFS

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。