スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードの選び方について

今回は筆者のクレジットカードの使用状況について書こうと思います。
現在保有しているクレジットカードは計5枚です。
ビックSUICAカード  (ショッピング枠40万 キャッシング0)
SBIカード       (ショッピング枠50万 キャッシング0)
楽天カード        (ショッピング枠100万 キャッシング0)
UCヤングゴールドカード (ショッピング枠100万 キャッシング0)
HSBCゴールド   (4万HKD)

香港口座のHSBCゴールドはロックされないようにたまに使うだけですので無視します。
クレジットカードはよくマイラーとかの特集がなされ、マイルに集約することを目的にされています。
マイルに集約する理由は、通常ならば非常に高額なビジネスやファーストへのランクアップの際に、割の良いレートであるからだそうです。
マイルを普通の買い物などに使うと1マイル=1円が相場のようですが、
それを旅券代や、ランクアップに使う場合は、価値的に1マイル=5円にもなるそうです。
僕はマイラーじゃないので、このへんよくわかりませんので違ってたらごめんなさい。

マイルにしていない理由は、海外旅行はパックのフリープランで行っちゃいますし、
爆睡できるのでエコノミーでもへっちゃらだからです。
欧州は少々つらいですが、中東や西海岸くらいまでなら余裕です。
となると、あえてマイレージにしてしまうよりは、
自分の費目の中で大きいものをそこが発行するカード払いにすることを考え、
その他の雑多なものを還元率の高いカードで支払って無駄をなくす方が良いと考えています。

以前の支出明細の中で、大きいものは交通費(JR東日本)になります。
家電はビックカメラを主に使いますので、ビックSUICAを使っています。
ビックSUICAのポイントシステムが改悪されてしまい、ビューポイントとかビックポイントがどのようについてくるのかよくわかりません。
しかも時間があればチケットショップで購入していますので月々の利用金額は2万円程度です。
チャージや切符代で1.5%還元されます。
微々たるものですが、どうせSUICAは使うしビックカメラも使うので、財布にいてもわずらわしくありません。

雑多な支出用としてSBIカードと楽天カードがあります。
現在、ネットショッピングをする機会が多くあります。
自分用だけではなく、総務のイベント関係などでも立替えて仕入れることもあります。
本も新品で欲しい場合は楽天で楽天カードを使って買うようにしています。
週末はポイント3倍だったり、そもそも作るだけで8000ポイント(8000円分)もくれたりと、
非常に太っ腹なので、これまた毎月数万円の利用ですが、使っています。
ポイントは楽天で買えば2%以上付きますし、エネオスではガソリン代が-2円になりますので、
ネットショッピングと給油用として利用しています。
ガソリンスタンドのカードを作るほど車も乗らないので。
でも券面がダサいので車に乗るとき以外は財布に入れません。

更に、ネットショッピングなどで拾いきれない部分をSBIカードが担います。
最初はFPIの積み立て用に作成しましたが、カードデザインも秀逸で常に財布に入れてあります。
年間100万円以上使えば1.2%の還元率です。
毎月600ドルのFPIだけでも年間70万円以上使います。
更に、これまた総務屋は色々な懇親会費用を立替えますので、その場合はSBIカードで支払います。
加えて、旅行保険が比較的充実していますので、旅行代金の支払などはSBIカードを使います。
最初は枠が20万円しかなかったのですが、先日突然50万円に増額したよ!って通知が来てました。
車検代などもこれで全額賄えるのでありがたい限りです。

最後にUCヤングゴールドカードは完全に海外旅行保険代わりです。
堅実なUCのサービスはお気に入りですが、まずこのカードで支払うことは無いでしょうw
このカードは年会費3150円にして海外旅行・国内旅行ともに保障が自動付帯!
自動付帯ということは、親が払った旅行にくっついていくとき、
このカードさえあれば保険に入る必要が無いわけですw
しかも国内の主要空港のラウンジが使えます。
一人だけラウンジの外で待ってる必要もありませんw
自分で払う場合もSBIカードで支払い、このカードとSBIカードを持っていけば保障は十二分に得られます。
そして財布の中で無駄に輝く金の額面。
デザインは秀逸だと思います。
三井住友VISAのヤングゴールドのように妙に目立つ記載が無いですしw
年に一回でも海外旅行に行くのならば十分元が取れうるのではないか、と思います。
僕は数回行くので損益分岐点を100%上回ります。

その他、普段の食料品の買い物などは、WAONとイオンオーナーズカードを使って買い物してます。

これら、みみっちい努力の末、最大限の還元を目指しています。
このように、もっとも大きな費目を抽出し、そこを中心にクレジットカードを作成するのが良いのではないかと思います、個人的には。

さて、次回は、僕のもっとも負担の重たい固定費であるFPIをどのカードで支払うべきか、検討したいと思います。
実は、カードもあまり調べる前に適当にSBIカードで申し込んでしまったのですが、
あとになってポーラスターや漢方堂カードなどの存在を知り後悔していました。
これはFPIだけではなく、ゼネラリ・スコッティ・AVIVAなどのオフショア生保すべてに通じる話だと思いますが、
皆さんはこれらオフショア生保の支払に当てるべきカードを詳しく考えたことがありますか?

FFS
スポンサーサイト

テーマ : クレジットカード
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FFS

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。