スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産状況(2010年3月28日現在)

3月末時点での資産状況が締まりましたので掲載しておきます。
この日記は4月上旬に書いています。
寮のインターネットが脆弱なため、たなざらしになってしまいまいました。

ざっくり800万円くらいです。
3月28日時点の1ドル92.47円の頃のものですので、今は800万円越えたかもしれません。
先月から約50~60万円の増加を見せました。
給与所得としては10万円くらいしか加えられていませんので、3月の世界的な株高・円安の恩恵を大きく受けたといえます。
特に大きなポートフォリオの変更はありません。
SQMとゼンショーが加わっているだけですが、どちらも大きな影響は及ぼしません。
相変わらず円預金・MRFが30万円しかないのが情けないところです。
資産状況2010032801
資産状況2010032802
為替の影響はどの程度受けるのか、簡単に試算してみました。
エクセルで作っているので為替の数字をいじるだけです。
1USD=7.75HKDとし、その他の通貨は一切為替を動かさなかった場合、

1USD=100円 1HKD=12.9円
の場合で8,271,034円

1USD=101円 1HKD=13.03円 
の場合で8,316,498円

その差45,464円

ドル・香港ドルが資産の半分以上を占める割には案外小さいな、というのが正直なところです。
所詮、為替ですので当然といえば当然です。
だから皆さんレバレッジを掛けてFXされるんですもんね。

以前、自分の会社の数字は、1ドル1円動くと通期で1億6千万円1豪ドル1円動くと8,600万円動くと聞いたことがある。
確か売上高が1500億円くらいなので微々たる物です。

世界のトヨタは1ドル1円動くと350億円動くなんてよく聞きます。
売上げ20兆円 純利益が景気の良かった08年3月期で1兆7千億円トヨタの方が為替の影響は大きいのだな、
ということは分かりますが、売上げ全体で見れば0.2%程度です。
売上げと対比して良いものか分かりませんが。

一方、筆者の資産に対し、0.5%強の影響を及ぼします。
トヨタや自分の会社と比べると影響は大きいということは、やはり外貨ポジションが大きいということなんでしょう。
実際は、ドルのままではなく、ドル建てで様々な地域に投資されていますので、
ドルは見かけだけで実際は新興国通貨の為替動向に大きく左右されます。
まあ、1ドルくらいでそわそわするのは中長期投資のポジションとしては全く相応しくないので、こんなもんでしょう。

もうしばらく円高で推移してもらい、数年後に円が大暴落するとウハウハです。
ドルやユーロが暴落すれば、新たな給与で買えばいいのです。
そう考えても、給与所得者というポジションはもうしばらく続けざるを得ないです・・・

FFS
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FFS

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。