スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産状況(2010年7月3日現在)

まだ、一部証券会社より6月末時点の報告が着ておりませんが、どうせ大して変わりませんので資産概況を更新します。
先月に引き続き続落の747万円。
無題1
無題2
一時期は800万円が見えていたのに5%以上の下落をしています。
給与分を考えるとこれ以上の下落です。
株安円高は大きくマイナスに作用します。
せめてもう少しマネージドフューチャーズが、ほかの不調を吸収してくれればよいものですが、一緒に値を沈めています。
株価や為替で変動するのは良いですが、これに関してはちょっとがっかり。
仕事が忙しかったこともあり、特段何も売買をしていません。
7月末に、再度ハワイに行く予定がありますので、それにあわせてファーストレードの証券口座を作る準備をしています。
多少の余裕資金をファーストレードで売買してみようかと思っています。
USAのYahoo Financeでいくらかの銘柄はチェックしています。
友人に、ブラジルレアルが割安かどうかを聞かれて応えられませんでした。
なんともいえない。
う~ん、だらだら下げている間はだらだら眺めているだけです。
あまり、機動的に動くほど時間も甲斐性もありませんので。

しばらく新聞紙面をにぎわせた人民元に関連し、人民元ETFも検討はしてみました。
人民元ETFは、分配金がないらしく、純粋なキャピタルゲイン狙いとなると、それもまたあまり魅力的には見えません。
中国まで口座を作りに行くのも面倒くさいですし、口座凍結などの心配もハワイや香港の比ではありません。
ただ、為替操作により、価格がゆがんでいることを考慮すれば、ETFで差益を狙うのも魅力的ではあります。

そういえば以前、金利とレートの関係と言うのは、以前オルインという雑誌に興味深いことが書いてありました。
フォワード・レート・バイアス(高金利通貨のリターンが、低金利通貨のリターンと比べて、金利以上に大きくなる傾向が見られる)と呼ばれるものがあるようです。
略してFRB。紛らわしいです。
インフレ抑制度合いや経常収支格差などの通貨リスクプレミアム分とも理解されているようです。
とすれば、円やドルよりも金利のいい人民元にも作用するかもしれません。

色々な投資雑誌、経済雑誌も読みましたが、個人的にはオルインはかなり面白いと思います。
投資の時間軸が、企業年金を運用するような人たちと近いので、情報に親和性があるのだと思います。
とすれば、「休むも相場」でもうしばらく、指をくわえて落ちてくるのを待つとします。




ちょうどすき家の株主優待が届いたのでうなぎでも食べに行こうかな。
ありがとう、すき家。
ところで、配当は税金がかかるけど優待には税金かかっているのかな?
ふと気になりましたが、調べるほどの興味の対象ともなりませんでした。


FFS

スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FFS

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。