スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産状況(2010年3月4日現在)

ここまでだらだらと投資歴を述べましたが、結果どんなポートフォリオになっているのか。
筆者は、大体月に一回、総資産を計算しています。
総資産の推移しか見ていませんので、給与の手取り分なども合わせて増えていきます。
そのため、投入金額などの概念もあやふやなため、利回り計算などはしていません。
個人投資家はベンチマークと勝負しているのではなく、目標総資産の達成を目標としているものであり、
あくまでも参考数値程度でしかないという認識です。
本来はMSCIワールドあたりと戦ったほうがいいのでしょうが、逐次投入分の計算などができないのが現状です。
強いて言うならば、絶対収益追求型でしょうか。
各証券口座などの入金額と現在評価額との比較は行っています。
完全どんぶり勘定です・・・
3月4日締めで出している資産が下記の通りです。
いつもエクセルで作っている表をペイントでjpegにしてアップしてみました。
もっといい方法があるかもしれません。
0304.jpg
0304通貨
合計でざっくり740万円ですが、通貨内訳のグラフの通り、円建て資産が20%しかないため、
クロス円のレートによって大きく左右されます。
特にドルとドルにペッグしている香港ドルが合わせて50%以上占めている為、
筆者の資産は対ドルレート次第となっています。
NY上場のADRもすべてドルで計算していますので、実際はドル円のみに左右されるわけではありませんが。
ユーロは135円くらいで利益も損失もほとんどないまま撤退したため、非常に少額になっています。
なお、香港で運用している資産が、香港株と香港ドルとなっています。
外貨準備金はNY上場株を買うために、SBI証券でドル口座に入れられている部分です。


約3割強 日本株・外国株・香港株
約5割弱 外貨準備金・外債・外貨建てMMF・香港ドル預金
約1割強 ヘッジファンド(全てマネージドフューチャーズ)
約1割弱 預金等

1月に香港旅行へ行った際に、預金をほとんど持って行ってしまったため、
目下の流動資産が非常に少なくなっていますが、
タタ自動車をはじめとする外国株も一部売却して香港ドルになっていることもあり、
現在のポートフォリオは保守的な運用になっていると思います。
マネージドフューチャーズは儲け狙いではなく、
インフレおよび08年のような相場の急落へのヘッジとなっています。
文字通りヘッジファンドです。
現在はHKDのキャッシュポジションが大きいため、二番底待ちといったところです。


そしてこの資産とは別に、
定期預金130万円 (今年10月満期)
SunLife生命掛け金 4,000ドル (年一回6月支払)
FPI約6,200ドル
があります。
これについては、また次回書こうと思います。

ありがとうございました。
FFS
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FFS

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。