スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年度3月期の総支出

最近は、資産状況だけでなく、家計簿をブログに公開することも多いらしいです。
筆者も2009年4月~2010年3月の総支出がざっくり算出できたのでアップしたいと思います。
なお、僕は家計簿というよりはお小遣い帖ですが、
支出の費目および金額については小学校1年生の頃からずっとつけています。


2010年3月期の総支出額は約150万円でした。
この支出の中には、食費および寮費(月4800円)が含まれています。
寮費には水電気代も含まれています。

2009年3月期は約110万円
2008年3月期は約120万円でした。

なお、統計局のデータによると2008年度は約230万円となっていますので、
全体で見ればかなりの緊縮財政です。

今年度の支出の増額要因は
香港旅行×2+タイ旅行 ▲40万円
車検             ▲12万円
となっています。
香港は一回は口座開設ツアーを使いましたので割高になっています。
海外投資同様に、海外旅行も大好きなのです。

これらの大きな支出を除けば、
ざっくり毎月寮費と平日食事代の3万円+その他5万円=8万円の生活をしていることになります。
主に管理するのがこの5万円部分です。

この5万円部分を分析してみると、
仕事が忙しくないときはほぼ毎週遊びに出掛けるので
その費用 約7000円×4週=28000円
書籍代5000円
交際費1万円
その他ガソリン代やら美容院代やら家電買ったりすることがあるので、
まあ感覚的にも実績的にもほぼ合致した数字になっています。

統計局の平成20年度家計調査年報の独身世帯の支出額を見ると、
35歳未満男性の単身世帯の月平均消費支出額は、約19.5万円。
住居+水道光熱=約4.5万円食料費が約5万円であることを鑑みると、
19.5万-4.5万-5万=10万円
意外と住居費が安く出ているのですが、同じような寮生活の人間や、
実家暮らしの人間がカウントされているのでしょうね。
ここのデータの27ページ目を参照しています。
http://www.stat.go.jp/data/kakei/2008np/gaikyo/index.htm

現状、彼女がいませんので交際費が抑えられることもあり、
平均よりは若干節約気味の生活となっています。
まあこんなもんだと思います。
現状、更に削ろうという意思が働く支出がありませんし。

投資に回っている金額は、手取りを18万円(寮費等天引き後)とすると、
18万-その他5万円-FPI積立6万円=7万円
大体5万円強が投資に回る計算になります。
実際にこんなもんです。

これでは全然お金が貯まりません。
支出もこれ以上抑えると効率曲線が悪化しそうなので抑えたくない。
となると同じ支出をより安く、よりお得にする必要があります。
これに気付いたとき、まずはクレジットカードやポイントを使いこなすことを考えました。
次回は筆者のクレジットカード事情を書きたいと思います。

ごらん頂き、ありがとうございました。
FFS
スポンサーサイト

テーマ : 家計簿
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FFS

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。