スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産状況(2014年12月30日現在)

こんにちは、昨年末の取りまとめをしていたのがつい最近のよ
うです。

 少年老い易く学成り難し。
 もはや、青年からも徐々に離れて行ってしまっています。
 時間とは、何だろうか。大学の頃に読んでいたこんな本を本
 棚から引っ張り出し、読み始めました。
 味わいが当時と少し違います。本の10年前なんですが。

「時間」を哲学する (講談社現代新書)

新品価格
¥777から
(2013/12/30 16:42時点)



などと記載をして早1年です。
本書は時間がかかりましたが、出張の合間などに読み終えまし
た。
今年はあまり多くの本を読むこともできずに終わってしまいま
した。

慌てて年末時点での集計を行いました。
今日時点での資産状況は約1880万円。
これに本日はログインができなくなっていた田中貴金属分があ
るため、実質的には1900万円強となります。
20141230 資産内訳
20141230 通貨内訳
昨年時点で1590万円でしたので、大きく増加しました。
今年は、運用がうまくいったというよりもアベノミクスによる
円安の影響を大きく受けました。
円安になる前にある程度仕込ができていたといえば聞こえは良
いですが、資産を取り崩すときに円安になればよいので資産形
成期間における現時点では円高の方が好ましいと思っています。

本年はあまり大きな動きをしていません。
主な動きは以下の通りです。

1.ベネズエラ国営石油公社債の売却(損切)
   +JPモルガンドル建て優先出資証券の購入
  この投資は失敗でした。
  昨年のチャベス大統領死去に伴う大統領選挙時に絡み、ベ
  ネズエラの民主化が進むと判断し、ベネズエラ国営石油公
  社債を購入しました。
  米ドル建てで高利回りが狙えたことから約80万円程度購
  入していました。
  しかしながら、昨今の原油安の影響が産油国のベネズエラ
  の信用不安に至りました。
  筆者はブルームバーグでベネズエラに関するレポートが掲
  載された9月上旬に売却し撤退しました。
  その後の状況を見ると、損切のタイミングとしては悪くな
  かったのかもしれません。
  この売却代金は、とりあえずドル建て資産として以下の優
  先出資証券を購入することにしました。

   発行者: JPモルガン(BBB)米ドル建て優先出資証券
   ファーストコール: 2024/4/30(残存9.65年)
   配当: 6.125%
   単価: 111.00USD
   最終利回り: 4.91%

  この購入はMMFよりマシだろうということで仮置き状態
  です。


2.BARCLAYS・BK PLC 4.875% 優先出資証券の売却(償還)
  +イタリア国債購入

  前項とは異なり、こちらは順当な乗換です。
  ファーストコールで以下の優先出資証券の償還が決まりま
  した。

   BARCLAYS・BK PLC 4.875% 優先出資証券
   発行者: バークレイズバンク(S&P BBB)
   ファーストコール: 2014/12/15(残存 1.49年)
   利払い: 4.875%(年一回 12月)
   単価: 78.50ユーロ(日々変動)
   最終利回り:24.59%(ファーストコールで償還として計算)
   為替:128.15円
   額面10,000ユーロ以上、10,000ユーロ単位

  このバークレイズ優先出資証券への投資は非常にうまくい
  きました。
  売却単価は104ユーロになりました。

  そこで、急遽100万円以上のユーロ資産をどこに振り向
  けるか考えることになりました。
  ちょうど、ECBは低インフレに歯止めをかけるために、量的
  緩和強化第三弾として国債購入に言及がなされていたこと
  から、購入対象となりうる国債の中においては比較的安値
  で取引されているイタリア国債を購入することにしました。

   N3669 イタリア分離型国債(ゼロクーポン債BBB)
   償還:2039/8/30(残存24.80年)
   単価:41.15EUR
   購入額面:30,000

  満期まで持つかどうかはわかりませんが、当面は量的緩和策
  による値上がり期待として保有することにしています。


3.マネックス証券での米国株式購入
  高配当期待で少しずつ購入をしたシードリル株やグラクソス
  ミスクラインなどへの投資は大きな金額は入れていませんが、
  いずれも奏功しませんでした。
  こちらは昨年度の譲渡所得税課税対策により売却して生じた
  300万円のうち、約70万円程度を充てましたが完全に失
  敗し、含み損で6割程度に落ち込んでいます。
  対策は現在検討中です。
  

4.プラチナの購入
  田中貴金属におけるプラチナの積立購入は2012年の夏頃
  から行っていますが、本年夏以降に少しずつスポット購入を
  行うようになりました。
  金額はまだそれほど大きくなく、集計表にも反映されていま
  せん。
  全部で約30万円程度です。
  こちらは、円安で相殺されるものの、NY市況でみるとある
  程度鉱山ストの頃と比較して割安になりつつあったためです。
  トヨタ自動車のミライなどの燃料電池車においても現在はま
  だ触媒用に相当程度のプラチナが必要とされているため、安
  定した工業需要が見込めると判断しました。
  本年8月7日付の日経新聞によると、燃料電池車一台当たり
  30~50グラム(14~25万円分)用いられることにな
  るということでした。
  こちらはいつもより早く帰宅できたときなどに適当に数万円
  ずつスポット購入をかけています。


5.生命保険料の支払
  メットライフアリコのユーロ建て終身保険767ユーロと、
  AIGエジソン生命(現ジブラルタ生命)の個人年金豪ド
  ル建てで12万円分の支払いを行いました。
  ジブラルタ生命の個人年金については、12月に契約して年
  払いにしてしまった自分にも落ち度があるのですが、控除証
  明書の発行が再年調に間に合わないため、繰り上げ支払いを
  行いました。
  こちらは電話で依頼をするのですが、なかなかつながらず、
  非常に苦戦しました。応対は丁寧だったのですが、これを毎
  年やるのもまた面倒だと思っているところです。


本年は、とにかく後半の原油安に足をすくわれる形になりました。
原油業界の再編など、様々な動きにつながっていますので、今後
の原油価格の動向及び当該影響について検討をしておきたいと思
います。
当面は個人消費が多い米国景気の下支え要因になるだろうと思っ
ています。
今年は失敗しましたが、米国株への投資も引き続き検討をしてい
きます。

今年も気づくとあっという間に終わっていました。
最後に冒頭の書籍から引用で終わります。

 未来はまったく現在から隠されているからこそ、何を考えるこ
 とも許される。

来年はどうなっているのか全く分かりませんが、ご覧いただいて
いる皆様にとっても良い年でありますように。

                                    FFS

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

マネックス証券にNISAの口座開設してみた

もうすでに多くの証券会社に口座を開設しており、引っ越しの際の住所変更
の面倒さに辟易し、口座を増やすことは止めていましたが、先日新たに開設
しました。

マネックス証券
です。

2013年末に譲渡所得課税率が上がるに伴い売却した分の資産をどのよう
に扱うか考えていました。

筆者は昨年10月3日付の「NISA口座の開設について」において、様子見の
スタンスをとっておりましたが、NISA制度の期間延長及び上限引き上げ
の検討が行われていることから改めてNISAの口座開設についても検討し、
いくつか資料を取り寄せていました。
http://fujifinancialsupport.blog31.fc2.com/blog-entry-73.html

とにかくNISA口座は開設に時間がかかる上に住民票の取得が面倒と聞い
ていたので、会社が休みのときを見計らい、住民票だけ取得しておきました。
どうでもいい話ですが、この住民票取得代金の200円は確定申告において
必要経費として取り扱っていいのかな。
小さ過ぎる話なので聞くのも格好悪いのですが。

そこで、どのような資産クラスを購入していくかを検討し、海外株式の比重
が下がり始めていたので主に海外株式を購入することにしました。
筆者の場合、海外株式はちょうど5年スパンで保有しているのでNISAと
の相性も悪くないと考えました。

ネット証券は日本株及び外国株の購入は、主にSBI証券を使用していまし
たが、マネックス証券では米国株の取引手数料が5ドルであると知り、まず
はNISAではない通常の口座を開設しました。

しかし、米国株をNISAで購入するには疑問もありました。
配当利回りを重視した海外株式投資を行うに当たり、配当の非課税という点
がNISAの大きなメリットとなります。
外国税控除は、金額が小さかったこともあり確定申告も行っておらずあまり
意味が分かっていなかったのですが、NISAで海外株式を購入した場合に
メリットを享受できるのか、そもそも海外株式の配当はどのような課税がな
されているのか、この辺りから考えることになりました。

以上のような検討事項を抱えながら、トライアルとしてマネックス証券の口
座を開設しました。

売買画面そのものは5年以上見慣れているSBIには劣りますが、マネック
スで普通に米国株を購入することができました。
筆者はヴァーレ、グラクソスミスクライン、バンコサンタンデール、ロイズ
バンキングなどのADRも投資候補としていましたが、ADRも徐々に銘柄
が追加されつつあり満足しています。

意外とよかったのは、「バロンズ拾い読み」のコーナーです。
バロンズはたまに目を通していましたが、如何せん英語でどうにもならなか
ったのですが、筆者が興味を持って読むような記事そんなに細かな記事は読
んでいません。
文字通り日本語で拾い読みできるので、筆者レベルの使い方であればもうこ
れで十分でした。

長くなってしまったため、NISA口座開設については次の機会とします。





FFS

Friends Provident の積立銘柄を変更しました

久々にフレンズプロビデントの記事を書こうと思います。
筆者は2011年の11月にファンドのスイッチングを行いました。
3年弱経ちましたので見直しを行うことにしました。
予定よりも半年程度早いですが、ちょうどクレジットカード更新の手続きが
あったので、これを機にやってしまおうと考えました。

本年のステートメントの記載は月々600ドル、36,600ドルの積み立てに対し、
41,856ドルの資産となっていました。
36,600÷600=61ヶ月=5年1ヶ月
ステートメントのデータはちょうど5年のところのデータではないようです。
本データを基にスイッチングの検討を行いました。

なお、フレンズプロビデントの積み立て開始を検討していた際、とあるブロ
ーカーが提示していた資料は、私の積み立て条件で、ボーナスレートを含め、
年10%の利回り(単利か年複利かわかりません)とし、36,000ドルの積み
立て金額が45,648ドルと提示してくれていました。

実績値をモーニングスターの金融電卓で叩いてみたところ、5%強の利回り
になるようです。
遠く足元にも及ばないというほどではありませんが、目標達成というほどで
もありません。なんかリアルな結果です。

話は少しそれますが、この中長期で平均利回り10%という筆者では達成
困難な目標を目指したヘッジファンド証券というところができたようです。
時期が合えば筆者も無料セミナーを覗いてみようかなと思います。



さて、筆者の記録である36,600ドルから41,856ドルに至るには上昇率14.36%が必
要です。
この記録の優劣を考えるため、ベンチマークと比較をしてみました。

2012年3月30日~2014年6月17日の期間におけるS&P500とエマージングマーケ
ットの記録をgooglefinanceで拾うとは以下の通りでした。

 iシェアーズ・コア S&P 500 ETF (IVV) 38.87%
 iシェアーズ MSCI エマージング・マーケット ETF (EEM)  2.1%

ここは、素直に米国株をバイアンドホールドする期間だったようです。
わざわざFPIで小難しい投資を考える必要なかったと思うと、投資は難し
いと感じます。

では、今後数年は何に投資をする期間か、そんなことを考えてスイッチング
を行いました。


以下、自分への記録も兼ねて変更の内容を記載します。

J30 JF India
↓↓↓↓↓↓ 2011年11月
R08 JF ASEAN
↓↓↓↓↓↓ 2014年 7月
L14 HSBC Russia Equity


P70 BlackRock GF World Mining
↓↓↓↓↓↓ 2011年11月
R12 DWS Global Agribusiness
↓↓↓↓↓↓ 2014年 7月
P70 BlackRock World Mining


R55 Henderson Global Financials
↓↓↓↓↓↓ 2011年11月
J96 Aberdeen Global Technology
↓↓↓↓↓↓ 2014年 7月
S112 Jupiter Grobal Financials


R74 Sarasin EmergingSar New Frontiers
↓↓↓↓↓↓ 2011年11月
R11 Aberdeen Global Emerging Markets Smaller Companies
↓↓↓↓↓↓ 2014年 7月
R31 First State Greater China Growth


P82 Schroder Global Property Securties
↓↓↓↓↓↓ 2011年11月
変わらず
↓↓↓↓↓↓ 2014年 7月
変わらず


R34 Schroder Global Climate Change Equity
↓↓↓↓↓↓ 2011年11月
P40 Value Partners High-Dividend Stocks
+ J60 Templeton Emerging Markets
↓↓↓↓↓↓ 2014年 7月
R51 First State China Growth

今回は株式だけでなく、債券も含めてなんだかどのファンドもそれなりに価
格が上がっており、やや機械的な選択となりました。
その中で、出遅れや割安なままとなっているものへの投資をすることにしま
した。
数年~5年程度で見てみれば割安にされている理由も解決するのではないか、
世界経済もよりしっかりとしたものになっているのではないかと期待したた
めです。

結果、国別で言えばロシア・中国、セクターで言うと鉱物資源・金融・不動
産へシフトすることにしました。
結果的に、フレンズプロビデントを始めた2009年当初の内容に半分近く
内容が戻る形になりました。
P70 BlackRock World Mining、S112 Jupiter Grobal Financialsと引き続
き持ち続けているP82 Schroder Global Property Securtiesになります。
残りはロシア中国へのシフトになります。

以下のキャピタルパートナーズ証券の各国の株価一覧を参考にしています。
PERが割安にされているところを選んだつもりです。

http://www.capital.co.jp/world_index.pdf

各国が各中央銀行の緩和策の恩恵を受けて値を上げているにもかかわらず、
軍事関係と景気低迷など、割安なままとなっているところは素人でも思いつ
く悪材料があります。

好む好まないにかかわらず、これらの悪材料が解決をしていくのではないか
と期待をしたものになります。

因みに、前回のスイッチングの際の見立てはこんな感じです。
何か我が意を得たり!という感じではないです。

以下、2012年3月31日の記事より引用

 今回は明白にアジアシフトを行いました。
 基本的な景気回復は不動産市況の回復からという考えは変わら
 ないため、
 P82 Schroder Global Property Securties
 のみそのままです。
 今後数年単位で考えた場合、もっとも成長が期待できるのはア
 ジア圏、特にASEAN地区ではないかと考えシフトしていま
 す。
 ASEANが伸びれば結果的には中国の製造業も伸びるだろう
 と考えて中国の比率も上げています。
 また、レアアースなどもやや下火になった感もありますが、次
 のテーマを考えました。
 医療・農業・水・テレコミュニケーションあたりかと考え、い
 くつかテーマファンドをみて農業とテクノロジーモノを入れて
 います。

引用終わり

個別の選択の記録も記載しておきます。

L14 HSBC Russia Equityについては、意外とロシア単独のファンドは設定
をされていなかったので、東欧ファンドなどと比較をしました。
P48 Baring Eastern Europeなどを比べましたが、往々にしてロシア株が約
50%程度にとどまり、ある程度値を戻したトルコ株等が次に20%程度
入ってくることから、ロシア単独のものを選択することにしました。

P70 BlackRock World Miningは、類似ファンドとして次のものと比較を行
いました。L19 JPM Global Natural Resources
こちらは、以前ブラックロックの方を保有していたことがあるという単純な
理由もありますが、P70 BlackRock World Miningのファンド規模が7000m USD
に対し、L19 JPM Global Natural Resourcesは1077m USDに留まることから
勝手にFPI側の打ち切りがなされることがないように大きい方を選びました。
モーニングスターのレーティングもゴールドとブロンズと差が生じていたこ
とから、特段のL19 JPM Global Natural Resourcesを選択する理由もないた
め、P70 BlackRock World Miningとしました。

S112 Jupiter Grobal Financialsは金融セクター物はこれしかなかったので、
選択の余地なくこちらをとりました。
別の視点で香港ファンドで金融の割合の多いものを選ぶことも考えましたが、
素直に金融セクターのテーマファンドとして選択を行いました。

R51 First State China Growthは色々な中国モノ及び香港投信なども含めて
検討を行いました。
P33 Aberdeen Global Chinese Equity、J55 HSBC Chinese Equityもみまし
たが、中国株での運用が難しかったこの3年間でプラスの運用結果を出した
のはR51 First State China Growthだけでした。
理由はわかりませんが、ファンド規模も大きく、レーティングもよいことか
ら、R51 First State China Growthにすることにしました。

P82 Schroder Global Property Securtiesについては、不動産関係は未だバ
ブルのような水準には至っていないということで前回同様引き続き持つこと
にしました。
筆者が投資を初めたのと同じ5年でのレコードは76.46%のようです。
そんなに上がった実感がないのですが…

R31 First State Greater China Growth は、最後の一本を何にするか迷
って適当に選びました。
テーマファンドは一通り選んでしまったので、ロシアか中国のどちらかを
追加しようとし、選択肢の多かった中国から選びました。
こちらも過去3年で見てもマイナスではなく、他の中国モノよりも運用はか
なりよさそうです。
理由はタイや台湾などの値上がりを新興国の株式も保有していることが理由
と思います。
こちらの方がR51 First State China Growthよりはマイルドな値動きになる
かと思いますが、とりあえず中国株が値を戻すことに期待します。

次の見直しは2017年くらいにしようと思います。
3年後はなにしてるのかなぁ。

因みに現在の10月25日時点では、38,400ドルの積み立てに対し、40,748ドル
まで落ち込みました。

FFS

お祭り13 スーパーボールすくい、人形すくい店舗 その2

 こんにちは、久々にお祭り関連の記載をしてみようと思います。
こちらは、前回の記事からすでにかなり経ってしまいました。
もう筆者は祭りの仕事を離れて丸4年になります。
薄れていく記憶を頼りにもう少し、頑張ろうと思います。

前回の記事でプールとポンプの用意を行いました。
今度は、中に入れるスーパーボールなどの用意などを記載しようと思います。

1.スーパーボール
  こちらは、人形すくいなどに比べて単価が安いので利益が出やすいです。
  そのため、筆者は人形すくいの分のプール代金もスーパーボールすくい
  で回収するようにしていました。
  調べ出すと、このスーパーボールもネットで安く仕入れることができる
  ことがわかりました。

  スーパーボールは下手くそでもなんでもとりあえず数をたくさんあげれ
  ば満足をしてもらえる店舗です。

  筆者は大体2,000個準備するようにしていました。初年度は750
  個でしたが全く足りず、3時間子どもの対応を続けるには、2000個
  程度がよいという結論に至りました。

  筆者の場合は、併設した人形すくいと同じ会計にしてしまったため、子
  どもが何人いたかはわかりません。
  およそ1000人の来場者のうち、300人前後ではないのかと思いま
  す。
  人形すくいと併せて526回対応した記録が残っています。
  スーパーボールすくいの方が多いため、およそ400回弱程度の対応を
  しているのではないかと思います。

  この場合、安く適当に1500個購入し、残りを変わり種のものを混ぜ
  ていました。
  これだけで、4分の1は変わり種のスーパーボールになるので、良心的
  なお店になります。

  安く大量のスーパーボールを仕入れてそのあとに変わり種のものや大き
  いものをいくつか頼んでバラエティを付けます。
  スーパーボールに限らず、大体このフェスティバルプラザを使っていま
  した。
  うちも、普通に購入するものが1000個で6,000円くらいでした
  ので、消費税増税も考えると、1個当たり5円代で購入できれば十分だ
  と考えます。
  こちらが毎年購入していた1000個入りのものです。増税で6,00
  0円を超えるようになってしまいましたが、今でも6,170円です。
  

{あす楽 配送区分A}●●●ハイエンドモデル☆Newスーパーボールセット 1000個入り【☆ お祭り 縁日すくい スーパーボール すくい ☆】【あす楽対応】[13/0824]【配送区分A】

価格:6,170円
(2014/9/20 20:27時点)
感想(474件)



  以下は、数量限定ですが300個入りで税込1,296円。数量的にも
  調整に使いやすいのでこういうものをいつもチェックしています。
  

期間限定特別プライス!お楽しみ スーパーボール 300個セット アソートパック 【 景品 子供 イベント おもちゃ スーパーボールすくい すくい 縁日 夏祭り 】

価格:1,296円
(2014/9/20 20:30時点)
感想(25件)


  
  続いて、変わり種をいれます。
  お好みと予算に応じて混ぜればよいと思いますが、とりあえず光る系を
  入れておくと夜はとても目を引きます。
  スーパーボールすくいは、人形すくいに比べて単価が安く済む分、プー
  ルを並べたときに見劣りしないようにしておく必要があります。
  そのときに、一番威力を発揮するのが、この光る系です。

  単価35円かかりますが、こういう光るおもちゃを混ぜ込みます。
  

ピカピカ光るきんぎょ 48入【不良返品不可】【光り物玩具/光るおもちゃ】220[14/0531]【☆ お祭り 縁日すくい スーパーボール すくい ☆】

価格:1,814円
(2014/9/20 20:32時点)
感想(23件)



  更に、筆者の運営していたときに強い要望があったのがドラゴンボール
  です。今の子供もわかるのかな?と疑問に思いながら混ぜましたが、確
  かに人気で、全ての星を集めようと必死になってやる子どもが少なから
  ずいました。
  こちらの商品は、ちょっと今探した段階では見当たりませんでした。
  その他、キャラものを予算と相談しながら混ぜ込みます。


2.ポイ
  スーパーボールに引き続き必要となるものがポイです。
  こちらは別途紹介をする人形すくいの店舗と同じものが使用できます。
  大体、スーパーボールすくいの店を検索すると、一緒に出てきますので、
  忘れずに調達してください。
  
  一言にポイと言っても使い捨てタイプと再利用できるものがあります。
  使い捨てタイプがこんなものです。
  

{あす楽 配送区分A}白箱★{日本製}ラッキースクープ(すくい枠) 100入【あす楽対応】 {☆国産☆ 金魚すくい ポイ 使い捨てすくい枠【お祭り 縁日すくい スーパーボール すくい】[13/0607]}【配送区分A】

価格:1,058円
(2014/9/20 20:33時点)
感想(1670件)


  
  もう一つが紙をはさんで何度でも使えるものがあります。
  

{あす楽 配送区分A}すくい枠(フレームのみ)5個 ☆ 金魚すくい ポイ【☆ お祭り 縁日すくい スーパーボール すくい ☆】【あす楽対応】[13/0824]【配送区分A】

価格:297円
(2014/9/20 20:35時点)
感想(63件)



  タイプは来場者数で決めるとよいと思います。来場者数が多ければ、い
  くらはさむだけと言いつつも、挟む余裕すらなくなると思います。
  筆者は使い捨てタイプを使い続けました。
  ちなみに、使い捨てタイプがイベントで余った場合、湿気がひどいとこ
  ろでなければ、翌年もまた普通に使えます。筆者の場合も、決して乾燥
  している事務所ではありませんでしたが、何の問題もありませんでした。

  また、使い捨てポイの場合には、強度のランクがいくつかあります。
  筆者の場合は、来場する子供に楽しんでもらうことが目的ですので、比
  較的強度のある難易度の5号のポイを選ぶようにしていました。
  特に水流がある場合には、下手な子供はすぐに破いてしまうので、ある
  程度強度があってもそれほど時間がかからずに破ることになります。
  当初はふつうレベルのポイにしていましたが、3年目は強度のあるもの
  に変更しました。変更をしても後述する最大10個のルールでカバーでき
  ます。

  一方で、小学校高学年になると、上手くなってくるので難易度を上げて
  も良いと思います。

  運用で管理が可能ならば、子どもの年齢に応じて渡すポイを変えるのも
  よいかもしれません。


3.容器
  続いて、子どもがすくったスーパーボールを入れておく容器です。
  これも何でもいいやと思い、第1回は事務所の適当なお椀を使いました
  が、大した値段でもないので買って統一したほうが見栄えもよいです。
  
  すくいカップという商品もあります。
  

すくいカップ 5入【☆ お祭り 縁日すくい スーパーボール すくい ☆】[13/0410]

価格:324円
(2014/9/20 20:37時点)
感想(38件)



  わざわざ専用ではなくとも、ホームセンターや包装品業者で適当に購入
  しても良いと思います。
 
  ただ、適度なカップの強度や大きさなど、素人目に見ると意外と選びづ
  らいので、筆者は第2回以降適当なすくいカップを購入しました。
  
  このカップは次年度にも利用できます。


4.持ち帰り用袋
  最後に持ち帰り用の袋です。
  金魚が入るのが一番きれいですが、スーパーボールでもやはり持ち帰る
  ための袋があると、断然お祭り感が演出できます。
  

★No1 金魚袋 (約100枚)★約120×140mm すくい用袋【すくい袋】【☆ お祭り 縁日すくい スーパーボール すくい ☆】[14/0318]

価格:405円
(2014/9/20 20:38時点)
感想(40件)



  こんな感じの袋です。大きさもいろいろありますが小さくていいです。
  大きくて入れる場所が余るよりはたくさん入っている感じをだしたほう
  が良いと考えるためです。

人形すくいはまた次回にします。
スーパーボールすくい関係の用品準備はおよそこんな感じです。
これらの準備が整ったところで次回は運用の準備を紹介します。

FFS 

確定拠出年金で株式をすべて売却してみた


 こんにちは、今回は大した金額ではないものの初めて確定拠
出年金の運用を変更したので記載をしておこうと思います。

筆者の会社は退職金の一部を確定拠出年金として運用をしてい
ます。

退職金全てが確定拠出ではないため、筆者のような転職後数年
の社員の確定拠出年金は現時点で本当に微々たるものですが、
確定拠出年金の運用としては大きく変更をしました。

理由は今回のアルゼンチンペソ急落に対する対応です。
新聞も斜め読み程度しかしていませんでしたので、中国のシャ
ドーバンキングについては危なそうな様子を追っていましたが、
今回のアルゼンチンペソの急落は恥ずかしながら寝耳に水のよ
うな状態でした。

昨年の秋以降何となく、株価の上がる妙に居心地の良い相場が
続きましたので、何かショックや急落というものがあれば手じ
まいをしようと考えていました。
それだけの下げ余地があると考えたからです。
そのため、税制対策もありますが、日本株式の売却も行ってき
ました。

確定拠出年金についても、掛け金比でみると50%増、年利で
見ても30%以上の利回りになっていました。
もともとあまり選べる余地がありませんでしたが、海外株式の
パッシブ運用に75%、日本株式のアクティブ運用に25%を
回し続けていました。
ま、これが頃合いだろうということで海外株式・日本株式共に
全て売却し、日本債券ファンドと預金モノに移しました。
債券と預金に分けた理由は、単純に再度海外株式と日本株式に
戻すときに区別しやすいからというだけの理由です。

継続的に様子を見つつ、1ヶ月くらいしてなにも無さそうであ
れば、元に戻そうかと思います。
月並みな意見ではありますが、しばらくは、新興国通貨を中心
に不安定な動きが続きそうな予感がしています。

また、円安ドル高傾向にも若干の歯止めがかかったように感じ
ましたので、比率が相対的に下がっていた海外株式の購入にそ
ろそろ動き出そうと思っています。

こちらは、P&Gの二匹目のどじょうねらいです。
高配当で、株価の安定的な上昇の狙えるものを探しています。
筆者は、2008年にiシェアーズ 好配当株式 ETF (DVY)を
購入しています。
DVYもとんでもなくどうしようもない株価になっていて完全に
放置していましたが、5年チャートで見てみると綺麗に右肩上
がりで、今や結構な含み益です。
こういう値動きだと安心でき、債券的な持ち方をできます。

残念ながら、米国株はなかなか銘柄を判断することができない
ため、まずはこのDVYの保有銘柄の中から、候補銘柄を探して
みようと思います。

海外株式を購入するのは久しぶりなので、まずは取扱銘柄も増
えたSBI証券で購入します。
BOOM証券はひところやたらログインパスの変更をさせられ
ましたが、最近は落ち着いているのでほぼノータッチです。
英語分からないですし(笑)
今のSBI証券はSBI住信ネット銀行とリンクしているので、
外貨準備も即入金でき、これはいいなと思いました。
5年前はドルにするだけで二日くらいかかり、じりじり待って
いるあの感じを思い出しました。
進歩に感心します。




話がそれましたが、確定拠出年金、社内での運用利回りはトッ
プクラスなので、ちょっと自慢です。
そもそも、賞与で債券を買い、確定拠出年金を100%株式に
している時点で位置づけをとらえちがえているかもしれません。

それでも、運用益留保できるメリットを享受しようとすると、
確定拠出年金側でこそリスクをとるべきではないか、そんな風
に考えています。
確定拠出年金で株式に投資をし、個人の証券口座では債券投資
をするのがいいのではないかと考えています。

だからまた確定拠出年金はオール株式にします。
そのタイミングをいつにするか、やはりじりじりと相場を眺め
て待つこととします。

FFS

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

Author:FFS
最初は投資のことを色々書こうと思って初めました。
しかしながら、そんなに書けるほどのことはありませんでした。
今は気が向いたときに思いつくままに書いています。
そしていつの間にかてんかんを発症してしまった。
そんな20代サラリーマンのブログです。

なお、本ブログは関係者への配慮等から掲載時期等は不規則にずらして掲載していますのでご承知おきください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。